青瓦台、男性精力剤も購入…「警護員の健康管理が目的」

青瓦台、男性精力剤も購入…「警護員の健康管理が目的」

2016年11月23日10時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)が国民の税金で勃起不全治療剤を購入した事実が確認された。

  京郷新聞23日付は、金相姫(キム・サンヒ)共に民主党議員が健康保険審査評価院から提出を受けた医薬品購入内訳資料を通じてこのような内容を報じた。

  同紙によると、青瓦台は昨年12月に男性勃起不全治療剤である韓国ファイザー製薬のバイアグラを60錠(37万5000ウォン、約3万5500円)、バイアグラのコピー薬であるハンミ薬品のパルパル錠50ミリグラムを304個(45万6000ウォン)購入した。

  バイアグラは心血管治療剤として開発されたが、別の効能が確認され、心臓疾患治療剤としてはあまり使われていない。パルパル錠はバイアグラと成分が全く同じだ。また青瓦台は韓国ノバルティスのニコチンエルTTS10など禁煙補助剤を大量に購入したりもした。

  青瓦台の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官は記者らに文字メッセージを送り、「公式に委嘱された青瓦台主治医と諮問団、医務室医療スタッフの判断に基づき、警護員など青瓦台勤務者の健康管理のために正常に購買された」と釈明したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事