金正日の訪中費用、1億ウォン超える…中国政府が負担か

金正日の訪中費用、1億ウォン超える…中国政府が負担か

2010年05月07日10時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長一行は3日から1泊2日で大連の富麗華ホテル新館を借り切った。また随行団は車50台に分かれて乗り、北京市内を走った。金委員長の4日間の訪中費用はどれくらいになるのか。

  大連最高級5ツ星ホテルの富麗華ホテルは東・西館2棟を合わせて客室が620室ある。金委員長の一行が借りた新館は306室。金委員長が使用したプレジデントルームは室内の面積が約400平方メートルで、寝室2室、トイレ3室、小規模会議室で構成されている。一日の客室使用料は1万6000元(約20万円)だ。ホテル側によると、新館の客室全体を借りた場合、一泊で30万元ほどの費用がかかる。宴会場・会議室の使用料は別だ。

  また金委員長が5日に宿泊した釣魚台18楼も一日の宿泊料が5万ドルという。さらに高級乗用車およびバスのレンタル料も少なくない。したがって金委員長の今回の訪中期間、宿泊料および車のレンタル料だけで1億ウォン(約800万円)以上がかかったと推定されている。こうした費用を経済難に苦しむ北朝鮮が負担した可能性は少ない。北朝鮮は上海万博でも主催側の中国が提供する賃貸館を使用するほど経済的に厳しい状況だ。

  このため北京外交関係者らは、金委員長の訪中関連費用を中国政府がすべて負担したと考えている。北京のある外交官は「国賓訪問の場合、航空料など交通費は訪問国側が、残りは招請国が負担するのが慣例」とし「したがって専用列車で来た金委員長の場合、ほとんどの訪中関連費用を中国当局が負担したとみられる」と述べた。

  宿泊費の場合、一定の人数まで招請国が負担するのが一般的だ。別の外交官は「通常、随行員10人までは招請者側が負担するが、それ以上になると相互主義に基づいて相手側の迎接レベルに合わせる」と説明した。

  香港の外交消息筋は「国賓として招請した最高級の要人には国賓館を提供するが、国賓館がない大連では富麗華ホテルがその役割をした。血盟を強調する朝中関係の特殊性を考えれば、随行員の宿泊も無償で提供を受けた可能性が高い」と伝えた。

【ホットクリック】

・ 金正日、歓送行事もなく急いで帰国 「儀典上の格に合わず」
・「朝中特殊関係を認めるべき…韓中関係に亀裂が生じたのではない」
・ 天安艦煙突、切断面から火薬成分検出
・「金正日が核放棄宣言しても、天安艦調査前の6カ国協議再開はない」
・「世界で最も影響力のある100人」行事に出席したキム・ヨナ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事