熱くなるアジアの海…中国が海洋権益宣言

熱くなるアジアの海…中国が海洋権益宣言

2010年07月05日11時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   中国政府が南中国海(南シナ海)を自国の主権および領土保全と関連した「核心的利害」地域と見なしているという事実を米国に初めて公式通知したと、共同通信が3日報じた。

  共同通信によると、中国はこれまで分離独立運動が続いているチベット、新疆ウイグル自治区、台湾の3地域を核心利害地域に分類し、この地域に関する一切の譲歩や妥協を拒否してきたが、ここに南中国海を追加する新たな立場を確定した。

  共同通信はこの懸案に詳しい消息筋を引用し、今年3月初めスタインバーグ米国務副長官とベイダー・ホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア上級部長が中国を訪問した際、こうした立場を通知したと伝えた。

  中国が南中国海を核心利害地域に追加するのは、この海域での領有権および海洋権益を絶対に譲歩しないという方針を明らかにしたものと解釈される。南中国海は北東アジアとインド洋をつなぐ海域であり、軍事戦略的にも通商利益の側面でも要衝地域。

  中国は南中国海に位置する南沙諸島(別名スプラトリー諸島)の領有権を主張し、フィリピン・ベトナムなど東南アジア国家と摩擦が生じている。また南中国海と隣接する東中国海上の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐっても日本と対立している。

  昨年4月には米国と南中国海問題で摩擦が生じている。当時米国務省は、中国情報艦と4隻の船舶が公海で米海軍艦艇を尾行し、脅威を感じるほどの距離まで故意に接近した、と非難した。これに対し中国は米国艦艇が中国の排他的経済水域(EEZ)で活動し、国際法と中国国内法を違反したと対応した。

  中国は現在、南中国海での海洋利益を確保するため、海南島に核潜水艦が寄港できる海軍基地を建設している。

【ホットクリック】

・北住民、木の船に乗って帰順…天安艦事件以後5件目
・韓国日産、「インフィニティG35」リコール
・北の大豊国際グループに複数の不審な点
・左・成沢vs右・克烈…北朝鮮は‘第2人者’パワーゲーム中
・三角表示板を置いていれば…安全規則無視が「12人死亡」惨事招く
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事