中国の年間特許出願件数、日本を抜いて世界2位

中国の年間特許出願件数、日本を抜いて世界2位

2018年03月22日10時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年、中国の世界知的所有権機関(WIPO)特許協力条約を通じた国際特許出願件数が世界2位になった。

  2017年の中国の国際特許出願件数は前年比13.4%増の4万8882件で、日本の4万8208件を上回った。年間国際特許出願件数で中国が日本を超えたのは初めて。中国は昨年、WIPO加盟国のうち唯一、2けた増加率となった。

  特に華為(ファーウェイ)の活躍が目立った。個別企業の特許出願件数は華為が4024件で最も多かった。続いて中国のZTE(2965件)、インテル(2637件)、三菱(2521件)、クアルコム(2163件)などの順だった。

  フランシス・ガリWIPO事務局長は「中国経済の目覚ましい変化は誰もが知っている。中国はもう技術使用国から技術生産国になった」と述べた。WIPOは中国の特許出願件数増加がこのまま続けば、3年以内に米国を抜いて世界1位の特許出願国になるだろうと予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事