<平昌五輪>チームワークを欠いた韓国女子スケート団体追い抜き

<平昌五輪>チームワークを欠いた韓国女子スケート団体追い抜き

2018年02月20日14時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
19日に行われたスピードスケート女子団体追い抜きの競技後半、前を走るキム・ボルム、パク・ジウと遅れをとったノ・ソヨン。(日刊スポーツ)
  スピードスケート女子団体追い抜き競技に出場した韓国代表選手の国家代表資格を剥奪すべきだという意見が青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願掲示板に書き込まれた。

  19日に行われた2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)スピードスケート女子団体追い抜き準々決勝にはキム・ボルム(25、江原道庁)、パク・ジウ(19、韓国体育大)、ノ・ソンヨン(28、コルピング)が出場した。競技の終盤、ノ・ソンヨンは2人の選手に大きく遅れを取って決勝ラインを通過し、韓国の準決勝進出はならなかった。

  団体追い抜き競技は決勝ラインを最後に通過した選手のタイムが記録となる。スピードを競いながらもチームメートが遅れないよう励まし合いながら競技をする一種の「チーム競技」だ。ノ・ソンヨンは競技前半は先頭に出たが、競技後半には遅れを取り、「チームワークがなかった」という評価を受けた。

  問題は競技直後に行われた選手へのインタビューだった。キム・ボルムは「途中までは良かったが、後ろで(ノ・ソンヨン選手が)私たちと差が開き、少し残念な記録が出たようだ」と語った。ノ・ソンヨンの実力が敗因というような発言だ。

  続いてパク・ジウは「競技場が騒がしくてコミュニケーションがうまくいかなかった」としながらも「実際、ソンヨン先輩がこのようになるという考えがなかったわけではなかったが、私たちも記録に欲があったので」と話し、論議を呼んだ。「チーム競技」より個人の記録を優先して滑走したという趣旨だ。

  インタビュー後に非難が殺到すると、キム・ボルムは自分のSNSを閉鎖した。ノ・ソンヨンが過去に「団体追い抜き競技の練習がまともに行われていない」と話したインタビューとともに、ノ・ソンヨンがのけ者にされるような写真も注目を集めている。

  青瓦台の請願掲示板には競技後「キム・ボルム、パク・ジウの国家代表資格を剥奪してほしい」というコメントが数十件も載せられた。このうち1件は20日午前8時の時点で「請願参加」が12万人を超えていた。

  請願者は「女子団体追い抜きでキム・ボルム選手とパク・ジウ選手はチーム競技にもかかわらず個人の栄達に目がくみ、チームメートのノ・ソンヨン選手を捨てて自分たちだけで前に出た」と請願の理由を明らかにした。続いて「インタビューはさらに見苦しかった。このようにモラルを欠いた人たちが一国のオリンピック代表選手というのは明らかに国の恥だ」と指摘し、「キム・ボルムとパク・ジウの代表資格剥奪、そしてオリンピックなど国際大会への出場停止を請願する」とコメントした。

  しかし一部では「国民請願に書き込まれることなのか疑問に思う」という意見も出ている。「詳しい事情も知らないのに行き過ぎた魔女狩りが行われている」というコメントもあった。ノ・ソンヨンの練習不足という声もある。

  世論が行き過ぎているという指摘も出ている。スピードスケート選手のチャン・スジはこの日、SNSに「関心もないのに五輪シーズンだからといって何も知らずに見ながら選手を傷つける」とし「恐ろしくて誰が国家代表になろうとするだろうか」とコメントした。また「競技が終わっていない選手たちの士気を落として…それが同じ国の国民がすることなのか」と反問した。

  チャン・スジは非難世論を浴びて謝罪文を載せた状況だ。チャン・スジは「私も選手の立場として気の毒に思い、少し興奮してしまった。今後、軽率な行動はしない。申し訳ない」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事