朝米の心理戦…「6カ国協議」再開の糸口(2)

朝米の心理戦…「6カ国協議」再開の糸口(2)

2009年12月11日08時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「まずは朝米平和協定締結から」という北朝鮮の主張に合わせてどれだけ調整ができたかは未知数だ。北朝鮮は米国が敵視政策を撤回して韓半島平和体制を確立すればこそ核を断念できると主張してきた。ボズワース代表は今回の訪朝で9・19共同声明の一部分である平和協定に対しても意見を交換したが、あくまでも9・19共同声明の多くの要素のうち非核化が基本だという点を強調した。

  また一つの目標である6カ国協議復帰に対しても不完全だが進展はあった。交渉に戻るという約束はなかったが、6カ国協議の必要性を認めるという立場に進んだのだ。北朝鮮はこれまで「朝米対話の結果を見て判断する」と二者対話を優先視し、6カ国協議に対してはあいまいな態度を維持してきたが、今回、6カ国協議の必要性と役割に対して共感を示した。北朝鮮から確約を受けて日程を決めるのはこれからの課題だ。その過程はしたたかな気力の戦いを伴う見通しだ。北朝鮮が新しい条件を掲げることもあるかもしれない。外交消息筋は「ニューヨークチャンネルを通じて後続対話日程を決め、ここで6カ国協議復帰問題を集中的に論議する可能性が高い」と述べた。

  ◆9・19共同声明=2005年9月13~19日の第4回6カ国協議 2段階会議で採択した声明。2003年の朝米、朝日関係正常化と韓半島の永久平和体制に関する交渉開始も入っている。

朝米の心理戦…「6カ国協議」再開の糸口(1)

【ホットクリック】

・ 明らかになった韓国人の移動経路…v遺伝子は日本人と最も類似
・ 中国人留学生は将来の「親韓派」なのに…
・ 金泰均「千葉ロッテの一塁手は私を歓迎していない」
・ イ・ビョンホンの元恋人「7月の誕生パーティーで愛の告白受ける」
・ 海外に比べ韓国で高い値段で売られる製品は?
・ Gドラゴン「扇情的パフォーマンス」公然淫乱罪めぐり捜査へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事