韓国経済副首相「韓日通貨スワップ、先に要請する状況ではない」

韓国経済副首相「韓日通貨スワップ、先に要請する状況ではない」

2016年01月15日10時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官は「今すぐに韓日通貨スワップを推進しなければならない状況ではない」と明らかにした。

  柳副首相は14日、ソウルで開かれた記者懇談会で「日本が要請すれば反対する理由はない」としながらも「原則的に見て、それも可能だということと理解してほしい」と明らかにした。

  柳副首相は日本に先に通貨スワップを要請する考えはないのかという質問に「状況変化に応じて異なると前提しながら、現在はG2(米国、中国)リスクが急激に変化する状況ではなく、韓国が先に要請する段階ではない」と伝えた。

  一方、李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁はこの日、記者会見を開き、韓日通貨スワップについて「慎重に接近しなければならない」と強調した。李総裁は「現在、外貨準備高や経常収支などの対外健全性の指標は良好な水準であるため、日本との通貨スワップを具体的に検討していなかった」としてこのように話した。

  李総裁はしかし、「今後、金融市場の展開状況に応じて、必要であれば検討する計画」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事