月に無人基地建設計画/日本 

月に無人基地建設計画/日本 

2009年12月11日08時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本が本格的な有人月探査の準備に入る。まず2015年に独自の無人探査船を月に着陸させる計画だ。次いで2020年までに月の南極にロボット用無人基地を建設し、2025年に月の石を地球に持ち帰ることにした。

  日本政府の「月探査に関する懇談会」の座長を務める早稲田大学の白井克彦総長が9日に会議でこうした提案書を出したと読売新聞が10日に報じた。このプロジェクトには総額4000億円が投入される。懇談会は追加議論を経て来年6月に政府の宇宙開発戦略本部に最終報告書を提出する予定だ。

  2007年に初の月探査船「かぐや1号」の打ち上げに成功したのに続いて推進されているこのプロジェクトの最終目標は、有人探査基地の設置だ。日本は6トンクラスの人工衛星を高度3万6000キロメートルの静止軌道に送り込める「H-2A」ロケットを保有する宇宙大国だ。9月には国際宇宙ステーション(ISS)に貨物を輸送できる大型無人貨物船の「H2-B」ロケットの打ち上げに成功している。

【ホットクリック】

・ 明らかになった韓国人の移動経路…v遺伝子は日本人と最も類似
・ 中国人留学生は将来の「親韓派」なのに…
・ 金泰均「千葉ロッテの一塁手は私を歓迎していない」
・ イ・ビョンホンの元恋人「7月の誕生パーティーで愛の告白受ける」
・ 海外に比べ韓国で高い値段で売られる製品は?
・ Gドラゴン「扇情的パフォーマンス」公然淫乱罪めぐり捜査へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事