日米2プラス2が突然延期…日本自民党の選挙惨敗のせい?

日米2プラス2が突然延期…日本自民党の選挙惨敗のせい?

2017年07月04日08時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本と米国が今月14日に予定された外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を延期した。最近、日本与党の自民党が東京都議会議員選挙で惨敗した結果によるものではないかとの分析が出ている。

  共同通信は3日(現地時間)、日本政府関係者の言葉を引用して、14日に米国ワシントン開催で調整していた「2プラス2」が延期になったと報じた。この関係者はレックス・ティラーソン米国務長官の都合を延期理由として説明した。一方で、同メディアは稲田朋美防衛相に対する更迭の可能性のためではないかとしている。

  稲田防衛相は都議会選の遊説期間中、「自衛隊としても(自民党支持を)お願いしたい」と発言し、自衛隊の政治的中立を無視したものだとして厳しい批判を浴びた。その後、稲田防衛相の発言は自民党が今回の都議会選挙で惨敗した主要原因を作ったとし、自民党内外からは改閣を控えて稲田防衛相を交代するべきだとの主張も出ている。

  日米2プラス2は日本政府の改閣状況によって、今後の日程が決まるものとみられる。稲田防衛相が留任しない場合、後任防衛相が会談に臨むことになる。両国は会談を通して北朝鮮制裁や弾道ミサイル防衛体制強化などに対して協議する予定だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事