対日貿易赤字史上最大になるもよう

対日貿易赤字史上最大になるもよう

2006年08月13日17時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年対日貿易赤字が史上最大を記録するものと懸念されている。

  13日、産業資源部によると今年上半期、日本に対する輸出は129億7700万ドル(約1兆5090億円)だったが、輸入は254億7400万ドルで、赤字が124億9700万ドルにのぼった。このような赤字幅は上半期貿易黒字(70億3700万ドル)の1.8倍の水準だ。

  昨年同期間と比べても赤字が5%ほど増えた。特に今年、赤字規模は対日貿易赤字が最も大きい2004年上半期(121億5100万ドル)を超えたという点で、年間基準でも最大の赤字を出す可能性が大きくなっている。

  対日貿易赤字は2000年113億ドルから2004年244億ドルに毎年増え、昨年には小幅減少した。

  産業資源部関係者は「技術・部品に対する対日依存度が高くなるのに比べ、韓国商品の日本輸出はますます難しくなり、貿易赤字もますます増えている」と説明した。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事