韓経:韓国造船業「エクソダス」…革新技術と人材の離脱拡散

韓経:韓国造船業「エクソダス」…革新技術と人材の離脱拡散

2018年09月06日08時52分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  造船業沈滞長期化にともなう構造調整の余波で韓国造船産業の生態系が根幹から揺れている。韓国の大学と大学院では学生らが造船関連の学問を避け、大宇造船海洋など企業では核心技術人材が大挙離脱している。研究開発を担ってきた修士・博士クラスの人材から管理・生産職の労働者まで「造船業エクソダス(大脱出)」に乗り出し産業基盤が崩壊するかもしれないとの懸念の声が大きくなっている。

  5日にソウル大学が「正しい未来党」のオ・セジョン議員に提出した資料によると、今月開講した2018年度造船海洋工学科後期修士(4人募集)と修士・博士統合課程(6人)の志望者は1人もいなかったことがわかった。2014年造船海洋工学科修士・博士統合過程が開設されてから修士だけでなく修士・博士統合課程の志望者がいなかったのは今回が初めてだ。

  大宇造船海洋では上半期だけでジュニア級社員(社員・代理・課長)116人が会社を離れた。設計(48人)と研究開発(13人)をしていた核心人材だ。生産職人材を養成してきた大型造船所の技術教育院は志望者がなく開店休業状態だ。2014年に18万人に達していた造船業従事者数は今年上半期には12万人水準まで減った。

  ソウル大学造船海洋工学科のキム・ヨンファン教授は「韓国造船産業の根本的な競争力を損ねる方向で構造調整がなされてはならない。設計と研究開発分野の核心人材を守る効率的な構造調整が必要だ」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事