【社説】北朝鮮は「宣戦布告」、米国は独自作戦…韓国は最悪の可能性に備えるべき

【社説】北朝鮮は「宣戦布告」、米国は独自作戦…韓国は最悪の可能性に備えるべき

2017年09月26日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓半島(朝鮮半島)の緊張が急速に高まっている。北朝鮮の李容浩(イ・ヨンホ)外相が昨日晩、米ニューヨークで「トランプ大統領は先週末、我々の指導部に対して長く続かないようにするという言葉を動員し、ついに宣戦布告をした」とし「今後は米国の戦略爆撃機がたとえ我々の領空ラインを越えなくても任意に撃ち落とす権利を含め、すべての権利を保有することになる」と主張した。李外相は「誰がより長く続くかはその時になれば分かるだろう」と脅迫した。

  これに先立ち先週末「死の白鳥」と呼ばれるB-1B戦略爆撃機とF-15C戦闘機、KC-135給油機などで構成された米空軍機編隊が深夜に東海(トンヘ、日本名・日本海)の北方限界線(NLL)北側を飛行した。「21世紀に入りNLLを越えた最も北側を飛行した」米軍の武力示威という点のほかにも、米国防総省が作戦事項を直接発表したという点で大きな関心を引いた。韓国空軍の護衛なくグアム空軍基地から離陸したB-1Bが沖縄空軍基地から発進した米戦闘機の護衛を受けた米軍単独の作戦という点で、また「コリアパッシング」の懸念も出ている。

  しかしそれよりも米国が持つもう一つの軍事オプションという解釈がさらに説得力を持つ。中国介入の可能性を事前に遮断し、速戦即決で終えるための戦略の一つということだ。北朝鮮の挑発による米国と北朝鮮の両国問題に限定するためには、在韓米軍の参加がない米国の独自作戦が避けられないからだ。マティス米国防長官が述べた「ソウルを重大な危険にさらさない軍事オプション」の可能性もある。さらに北朝鮮が韓国に核攻撃をしないと信じる韓国の一部の進歩陣営の批判を最大限に避けることができる。

  問題は、米国が独自の軍事作戦で北朝鮮を打撃しても北朝鮮の報復は韓国を狙う可能性が高いということだ。米国の精密打撃が北朝鮮の攻撃能力を最小化しても、人口が密集した首都圏一帯の莫大な人命被害は避けられない。したがって韓国はコリアパッシングを恐れる前に、こうした軍事オプションに徹底的に対応する必要がある。北朝鮮の核搭載大陸間弾道ミサイル(ICBM)が完成すれば、米国が黙っていないのは明白だからだ。

  いつよりも韓国政府の危機管理能力が求められる状況だ。国連安保理の対北朝鮮制裁を通じて北朝鮮の追加挑発を防ぎ、米国の独自軍事作戦の可能性にも備えなければいけない。まず韓米同盟をさらに強化し、緻密な軍事協調で北朝鮮に圧力を加える必要がある。できる限り圧倒的な対応通常兵器体系を常備するのは言うまでもない。指導部の冷静な現実認識も要求される。それが韓半島の緊張を緩和し、北朝鮮の無謀な挑発を防ぐ最善の道だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事