漫画韓流、宗主国の日本でも人気…「ママはK-POP、子どもはK-漫画ファン」(1)

漫画韓流、宗主国の日本でも人気…「ママはK-POP、子どもはK-漫画ファン」(1)

2011年02月28日16時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国学習漫画「サバイバルシリーズ」と「明日は実験王」シリーズが書店に並んでいる(文教堂千葉県浦安市支店)。
  



  24日、日本千葉県浦安市の文教堂書店。児童漫画の本棚の一番前に韓国産の学習漫画が並んでいた。「世界で2000万部が売れた科学漫画」という広報が目に入る。

  ここの支店長は「1冊1200円(約1万6500ウォン)と他の児童漫画に比べてはるかに高いがよく売れるので、先週から全シリーズを並べている」と話した。韓国学習漫画が漫画の宗主国の日本市場で通用しているのだ。

  教育出版専門会社「未来(ミレ)エヌ」(旧大韓教科書)の児童・青少年出版ブランド「アイセウム」が出版した「サバイバルシリーズ」が、日本市場で累積販売部数50万部を記録した。08年に日本市場に進出してから約2年の成果だ。

  韓国の学習漫画は中国・台湾・タイなどアジア国家ですでに大きな成果を出している。「サバイバルシリーズ」は『無人島で生き残り』 『砂漠で生き残り』 『人体で生き残り』など極限の状況で生き残る方法を科学で解いた学習漫画で、国内だけで1000万部が売れた。

  海外では中国で300万部、台湾で200万部、タイで150万部が売れた人気シリーズ。同社の「宝探しシリーズ」と「明日は実験王シリーズ」は台湾児童図書市場で2010年にシェア15%を記録した。アイセウム学習漫画シリーズの海外著作権料累積収入は昨年末基準で36億3300万ウォン(約2億8000万円)にのぼる。

  イェリムダンの「WHY?シリーズ」は09年末基準で中国で40万部など海外で約150万部が売れた。国内販売を合わせれば計3500万部にのぼるヒット作だ。

  「WHY?シリーズ」は台湾・タイ・中国・ロシア・フランス・インドネシア・アラビア語圏23カ国に輸出されている。オンラインゲームに派生した学習漫画テイルズランナー「キングワンチャン英語・数学・科学」(コブギブックス)シリーズも90万部のうち海外販売が27万部にのぼる。ダサンブックス「Whoシリーズ」も台湾・タイ・マレーシアなど6カ国に輸出されている。

漫画韓流、宗主国の日本でも人気…「ママはK-POP、子どもはK-漫画ファン」(2)

【ホットクリック】

・北朝鮮、韓米軍事演習控え「ソウルは火の海」と挑発
・「北の急変時には統一費用2525兆ウォンに」
・韓国鉄道公社、週末の一日に2件の事故 「ただの小さな故障なのに…」
・現代・起亜車、過去最大営業利益も日本車を下回る7位
・黄禹錫博士、リビア脱出の行列に混ざって帰国…「秘密裏にプロジェクト推進」
   
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事