父の業績を否定した河野外相…「河野談話は別の河野さんが出した」

父の業績を否定した河野外相…「河野談話は別の河野さんが出した」

2017年11月25日09時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
河野太郎外相
  河野太郎外相が韓日慰安婦合意に関し、「韓国政府としても反故(ほご)にはできない」と述べた。河野外相は24日、産経新聞のインタビューで「『ゴールポスト』はもう固定されている。韓国政府がきちんと合意を履行することを期待する」とし、このように主張した。

  日本政府はその間、サッカー試合に例えながら「ゴールポストが動いている」(8月の菅義偉官房長官)と述べるなど、韓国政府の合意修正の動きに露骨に不満を表してきた。また河野外相は「韓国政府の中には、やや問題のある行動があるかもしれない。おかしなことがあれば、きちんと指摘して直してもらう」とも話した。

  河野外相は過去の問題に対して父の河野洋平元衆議院議長と自分の考えが異なることを明確にした。自身の父、河野洋平元官房長官が慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話」について「別の河野さんが出したものだ」とし、「河野談話への評価は本人に聞くべき」と返答を避けた。続いて「安倍晋三首相が出した戦後70年談話と日韓合意に尽きる。それ以上でもそれ以下のこともない」と述べた。

  韓日両国の一部では、8月に就任した河野外相が河野談話の主役である父の影響を受け、過去の問題に開かれた姿勢で取り組むという期待があった。しかし河野外相は就任後、父と一線を画する発言を続けている。河野外相は就任直後にも「日韓慰安婦合意がきちんと履行されるのが望ましい」と述べた。

  憲法に自衛隊を明記する改憲についても父の河野元議長は納得できないという立場だが、息子の河野外相はこの日、「憲法9条に自衛隊を明記する改正案に賛成する」と正反対の見解を示した。

  河野外相がこのような発言を繰り返すほど、政治家としての人気は高まっている。河野外相は最近、「ポスト安倍」候補群に急浮上している。本人も意欲を見せている。この日のインタビューでも、いつか自民党総裁選に出馬する考えを表した。ただ、来年9月の自民党総裁選に出馬して現安倍首相と直接対決するかどうかについては明確に答えなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事