韓国の観光収支赤字、昨年比3.5倍増…日本は53年ぶりに黒字転換

韓国の観光収支赤字、昨年比3.5倍増…日本は53年ぶりに黒字転換

2016年02月09日09時09分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年、韓国の観光収支赤字が大きく増える中、日本は53年ぶりの黒字転換となった。

  8日、韓国銀行の国際収支統計によると、昨年外国人が韓国で消費した一般旅行の収入金額は151億7690万ドル、韓国国民が海外で消費した一般旅行の支給金額は212億7150万ドルと集計された。収入金額から支給金額を引いた観光収支は-60億9460万ドルで2014年(-17億5810万ドル)に比べて3.5倍増増えた。また、2007年(108億610万ドル)以降、8年ぶりの最大値となった。

  韓国観光公社によると、昨年海外旅行に出かけた韓国人は1931万430人で、2014年と比べて20.1%増加した。半面、訪韓観光客は2014年と比べて6.8%減少した。

  一方、日本財務省が8日に発表した国際収支現況(速報)によると、昨年の旅行収支黒字規模は1兆1217億円を記録した。旅行収支の黒字は1962年以降、53年ぶり。日本政府観光局(JNTO)によると、昨年の訪日外国人旅行客数は1973万7400人で2014年と比べて47.1%増となり、過去最高を更新した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事