【社説】救助の前でためらう韓国海洋警察、存在理由はあるのか

【社説】救助の前でためらう韓国海洋警察、存在理由はあるのか

2014年04月30日13時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  卑怯なうえ、能力もない。旅客船「セウォル号」沈没当時の海洋警察の動きが入った映像を見て、多くの国民がこう感じたはずだ。今まで海洋警察は、出動した時はすでに沈没直前だったためどうしようもなかった、と主張してきた。船長の誤った判断のため救助が遅れたとも述べた。しかし28日に海洋警察が公開した10分間の映像と29日に漁船の関係者が公開した21分間の映像には、海洋警察のあきれる姿がそのまま映っている。

  事故海域に真っ先に到着した警備艇は船舶の周辺をぐるぐる回り、外に出てきた乗客を救助する消極的な姿勢を見せた。映像を見たある救助専門家は「船は傾いていたが、船室の相当部分が水上にある状態だったため、十分に救助作業に入ってみるべき状況だった」と話した。救命ロープやハンマーを利用して乗客がいる船室に進入するべきだったということだ。映像には、海洋警察が自ら甲板に移ったり、海に飛び込んだ乗客の手を握る場面が見える。「人命探索および救助が最優先」という核心マニュアルを守らなかった。操舵室付近から乗客を放置して出てくる船長・乗員を救命艇に乗せながらも、操舵室に入って避難放送をすることはなかった。

  沈没の申告を受けた午前8時58分から、壇園(ダンウォン)高校の生徒がカカオトークで最後のメッセージを送った10時17分まで、海洋警察の姿は無気力だった。“運命を分けた”79分間、事故海域で救助活動を行った核心救助装備は7人乗りのゴムボート1隻だった。珍島管制センターと警備艇、セウォル号の間で交信はなく、警備艇はセウォル号との交信もせず現場に行った。このため捜索装備を備えた状態ではなかった。

  海洋警察庁は1996年に海洋水産部の外庁として独立したのに続き、2005年には次官級の機関に昇格した。事故予防と対応能力を高めるという名目で昨年1月には韓国海洋救助協会も設立した。核心業務である救助・捜索の一部を協会に委託した。協会に海洋警察の幹部が当然、職役員としている。しかし組織が拡大したほど、救難能力が高まらなかった。今回の惨事で海洋警察の存在理由は分からなくなった。組織の役割・機能を精密診断した後、全体的にメスを入れなければならない。

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事