【コラム】韓半島統一が周辺国に与えるもの(2)

【コラム】韓半島統一が周辺国に与えるもの(2)

2014年08月12日15時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  上海など南東地域の経済的成果をエネルギーや鉱物資源の宝庫である東北地域に拡散して、持続的な経済成長を遂げようというのが中国の経済政策だ。遼寧・吉林・黒龍江など東北3省をつなぐ中国のハルビン-大連高速鉄道と京義(キョンウィ)線が連結して21世紀のシルクロードと呼ばれるアジアンハイウェイを通じて日本・韓国・中国・中央アジア・インド・トルコを結ぶ陸上物流網が完成されれば、アジア諸国間の人的・物的交流が円滑になり、まるでドイツ統一と東欧圏開放以後の欧州大陸の物流の中心に位置したドイツが享受したものと類似の経済的効果を中国東北地域が占める可能性があることを強調しなければならない。

  一方、東海(トンへ、日本海)を間に置いてロシアの沿海州と統一韓国、日本の西部地域を合わせた「環東海経済圏」が誕生するだろう。ロシアのガス・エネルギー資源と日本の先端技術、韓国の造船・製鉄・石油化学産業の力量が羅津(ナジン)・先鋒(ソンボン)・ウラジオストク地域と結びつけば、世界的に競争力のある製品が生産されることで北極航路やシベリア横断鉄道を通じて世界最大市場の欧州に直接連結されるだろう。

  ロシアと中国は韓半島統一後に予想される北朝鮮地域のインフラ投資や北東アジア物流ハブの主導権をめぐって相互に競争関係にある。韓国はこのような地政学的な力学関係をうまく活用して韓半島統一に対する中国とロシアの支持と協力を引き出すべきであり、統一後に展開する東北アジア巨大経済圏で中枢的役割を担えるように周辺国の経済成長戦略とうまくかみ合った統一韓国の経済戦略を準備しなければならない。「統一大チャンス」は周りの友邦に学ぶものや得るものについての期待感を確かに植えつけることができる時、はじめて可能になるだろう。

  ソン・キホン ディロイトコンサルティング代表

【コラム】韓半島統一が周辺国に与えるもの(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事