【コラム】韓国外交部長官の訪日出張を引き止めた人々

【コラム】韓国外交部長官の訪日出張を引き止めた人々

2017年12月22日08時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が今週1泊2日の日程で東京を訪問した。現職外交長官が二国間外交のために日本を訪れたのは2015年6月尹炳世(ユン・ビョンセ)前長官以来2年6カ月ぶりだ。

  康長官が訪日を決心したのは「日本軍慰安婦合意検討タスクフォース(TF)」と平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)、この切迫している懸案2つのためだろう。外交消息筋も「『慰安婦合意TF』の活動結果が年内に発表された後にも両国関係が軌道から大きく脱しないようにあらかじめ調整すること、慰安婦合意をめぐる論争にもかかわらず安倍晋三首相の平昌五輪の出席を成功させることが主なミッション」と話した。それにしても、難解なミッションに文在寅(ムン・ジェイン)政府から「反日イメージ」を主に思い浮かぶ日本内部の雰囲気のため、彼女の初東京出張は険しかっただろう。ソウルを離れる直前、特派員団と向き合った康長官の顔も明らかに疲れている様子だったという。彼女は「(韓日)外交当局としては『状況をよく管理しよう』『困難が増幅されないようにしよう』という共感がある」と話したが、TFの結果発表と政府の後続措置にも両国関係がそのまま維持されることは難しい。

  また、安倍首相は予想通りに平昌五輪の出席に対して確かな答えを出さなかった。

  外交消息筋の間では康長官の出張をめぐって意見が分かれた。特に、日本に対して強硬な青瓦台(チョンワデ、大統領府)一部の参謀の間では康長官の訪日に反対する声が強かったという。伝言によると、「敏感な時期に日本に行く必要があるか。なぜ必ず行こうとするのか」というプレッシャーに康長官が「説明すべきことは説明しながら対話の門は開いておかなければならない」「私に行くなと言うのは韓日関係を最初から断ちたいということなのか」という趣旨で不満を表したという。

  大統領選以降には明らかに触れてはいないが、文大統領は過去の大統領選の過程ですでに慰安婦合意の再交渉への意向を表わした。現在の執権勢力が「ろうそく精神」「ろうそくから生まれた政府の義務」をたびたび強調しているだけに、爆発力が大きい日本関連問題は彼らにとって支持層の結束のための魅力的なカードになり得る。特に、来年に地方選挙を控えているためなおさらだ。外交街では「青瓦台で中心的な役割を果たしている運動圏出身の参謀の気流は慰安婦合意の破棄や再交渉が避けられないという方にすでに傾いている」という見方もある。

  韓半島(朝鮮半島)と北東アジア情勢を飲み込むかのような北朝鮮による核・ミサイル危機、こうした中で行われる平昌五輪、しかも韓日関係を揺るがす大きな変数まで爆発寸前だ。このような状況で、外交対立の最小化に向けた外交部長官の訪日を引き止めた人々はいったいどのような気持ちで韓国外交を牛耳っているだろうか。

  ソ・スンウク/国際部次長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事