<アジア大会>選手が通訳に…組織委「今後はアラビア語通訳を配置」

<アジア大会>選手が通訳に…組織委「今後はアラビア語通訳を配置」

2014年10月01日16時42分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アラビア語の通訳不在のため非難を浴びた仁川アシアド主競技場に、ようやくアラビア語の通訳が登場する見込みだ。

  29日、2014仁川アジア競技大会陸上男子1500メートルのメダリストが集まった記者会見場には、アラビア語の通訳が現れなかった。関係者および取材陣は組織委の未熟な大会運営を批判した。金メダリストのモハメド・アル・ガルニ(カタール)は英語を話せたが、銀メダリスト(バーレーン)と銅メダリスト(イラク)の選手はアラビア語以外の言語を話せなかった。結局、金メダリストのアル・ガルニが他の選手の通訳を担当した。

  2014仁川アジア競技大会組織委員会は30日、報道資料を通じて、「協力要請を守らなかったバーレーンとイラクのミスであり、組織委の問題とは考えにくい」と述べ、アラビア語通訳の不在について釈明した。組織委は「サブプレスセンター(SPC)内の記者会見では英語の通訳が原則であり、大会前に各国オリンピック委員会(NOC)に自国語と英語が可能な人をメダリストに同行させるよう伝えていた」とし「NOCに英語通訳がいない場合、該当言語技能者に事前交渉するが、不可能な場合もある」と付け加えた。

  組織委が1次的な責任はないとしても、万一の事態に対応できなかったという点で非難は避けにくい。アラブ圏国家の選手が強い陸上競技場にアラビア語通訳を配置しないのは理解できないというのが関係者の大半の意見だ。総体的難局に近い今大会で通訳の問題は絶えない。大会序盤には待遇が良くないため多数の通訳が離脱した。

  最後に組織委は「これからアシアド競技場にアラビア語とロシア語の通訳を配置する」とし「体操場にもロシア語の通訳を配置し、選手たちをサポートする」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事