俳優の国村隼、「自衛隊の旭日旗論争、望ましくない」

俳優の国村隼、「自衛隊の旭日旗論争、望ましくない」

2018年10月05日14時00分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優の国村準
  俳優の国村隼が最近、外交論争に広がった自衛隊の旭日旗論争に言及した。

  5日、釜山海雲台区(プサン・ヘウンデグ)の新世界デパートセンタムシティ店文化ホールでは第23回釜山国際映画祭(BIFF・Busan International Film Festival)ニューカレンツ部門審査委員の記者会見が開かれた。

  この日の行事にはニューカレンツ部門の審査委員であるキム・ホンジュン監督、プロデューサーの施南生(SHI Nansun)、女優のラビナ・ミテフスカ(Labina MITEVSKA)およびプロデューサーのナシェン・ムードリー(Nashen MOODLEY)シドニー映画祭執行委員長、国村隼が参加して話を交わした。

  国村隼は日本の俳優として最近、韓国で問題になっている日本海上自衛隊の旭日旗掲揚問題に関する質問を受けた。

  海上自衛隊艦艇は11日、済州道(チェジュド)で開催する「2018国際観艦式」に日本の軍国主義を象徴する旭日旗を掲揚して参加すると明らかにして激しい反発を受けている。

  敏感になりがちな質問だったが、国村隼は回答を避けずに自身の考えを伝えた。

  国村隼は「旭日旗というのが日本海軍自衛隊の伝統旗だと知っている。だが、われわれより先の世代、特に韓国の方はこの旗を格別に捉えているということも深く理解している」と話した。

  また「自衛隊が観艦式に参加するというが、自衛隊としては旭日旗が自身たちの伝統なので曲げることができないだろう。しかし、過去の歴史を一度だけでも理解すればどうだろうか、個人的には考えている」と断言した。

  さらに「現在の日本政府は旭日旗だけでなく、すべての面で保守的な立場を持っている。日本の中でも様々な社会的な問題を起こしているのが事実だ」として「この問題については俳優としてよりも、一人の個人として望ましくないと考える」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事