少女時代、初の東京ドームコンサートが大盛況!…「ファンがくれた贈り物」

少女時代、初の東京ドームコンサートが大盛況!…「ファンがくれた贈り物」

2014年12月10日14時28分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東京ドームで行われた少女時代のコンサート「GIRLS’ GENERATION 『THE BEST LIVE』at TOKYO DOME」の様子。
  “ナンバーワン・ガールズグループ”少女時代が初の東京ドームコンサートを成功裏に終えた。

  少女時代は9日午後6時30分から、東京ドームで単独コンサート「GIRLS’ GENERATION 『THE BEST LIVE』at TOKYO DOME」を開催した。この公演には5万人余りの観客が訪れ大きな盛り上がりを見せた。少女時代のグローバルな人気と影響力を改めて実感させるコンサートだった。

  特に、今回の公演は少女時代が東京ドームで開催する初めての単独コンサートで、客席は全席完売を記録するなど公演前から話題を集めた。また、日本デビュー4周年を迎えてこれまでの活動を集大成するものだけに、少女時代の日本活動のすべてを網羅する特別な公演を見せて現地ファンを熱狂させた。

  さらに、少女時代は今年日本3度目のアリーナツアー「GIRLS’ GENERATION ~LOVE&PEACE~ Japan 3rd Tour」も成功裏に終えた。2011年から累積観客数55万人を記録し、韓国ガールズグループ史上最多の観客動員記録を立てる底力を見せ、“ナンバーワン・ガールズグループ”らしい高い人気と地位を再確認させた。

  少女時代は今回の公演で『Gee』、『GENIE』、『MR.TAXI』等のヒット曲舞台はもちろん、『FLOWER POWER』、『GALAXY SUPERNOVA』等の日本ヒットシングル舞台も披露した。韓国グループとしては史上初のオリコン週間アルバム部門で2週連続1位に輝く快挙を収めた日本初のベストアルバム『THE BEST』に追加収録された新曲『Show Girls』、『Chain Reaction』、『DIVINE』舞台も初公開した。約3時間の公演時間に、ダンスからバラードまでの合計27曲の舞台を見せた少女時代は、元気あふれるステージのほか優しさやカリスマなど多彩な魅力に触れることのできる1本のミュージカルのような演出で観客を魅了した。

  また、会場をいっぱいに埋めた現地ファンはコンサートの間ずっと立ったまま「少女時代」を叫び続けたり曲を一緒に歌ったりして公演を熱狂的に楽しんだ。また、少女時代を象徴するピンクカラーのペンライトで東京ドームを照らしだす演出で少女時代のメンバーを感動させた。

  特に少女時代のデビュー曲『また巡り逢えた世界』のバラードバージョンによる舞台も公開され、多くの観客が涙を流すなど少女時代とファンの共感や熱い感動が東京ドームを満たして一層特別な公演となった。

  少女時代は「デビューの時から夢見てきた東京ドームでコンサートができるなんて本当に幸せ。この舞台はファンの皆さんがくれた贈り物だと思っている。いつも応援してくれて感謝しているし、ファンの愛は何にも代えがたい宝物。これからもファンと共に成長する少女時代になりたい」と公演を終えた感想を伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 東京ドームで行われた少女時代のコンサート「GIRLS’ GENERATION 『THE BEST LIVE』at TOKYO DOME」の様子。
  • 東京ドームで行われた少女時代のコンサート「GIRLS’ GENERATION 『THE BEST LIVE』at TOKYO DOME」の様子。
  • 東京ドームで行われた少女時代のコンサート「GIRLS’ GENERATION 『THE BEST LIVE』at TOKYO DOME」の様子。