<フィギュア>帰ってきたキム・ヨナ、最大のライバルはだれ?

<フィギュア>帰ってきたキム・ヨナ、最大のライバルはだれ?

2012年07月03日11時39分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ヨナ
  “帰ってきたフィギュアの女王”キム・ヨナがもう一度世界の頂点に挑戦する。

  キム・ヨナは過去2シーズンの間、2011年のモスクワ世界選手権の1回だけ出場した。空白期間が長かった。だが、現在フィギュア女子シングル部門は下降平準化された状況で、キム・ヨナが再度頂点に上がるのは不可能な夢ではない。

  昨シーズンのグランプリシリーズと世界選手権大会の結果を見れば、女子シングル部門は絶対強者のいない春秋戦国時代だった。キム・ヨナがしばらく姿を消していた間にキム・ヨナのライバルだった浅田真央は不振を繰り返した。6回のグランプリシリーズで16歳の新星エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が2度優勝し、残りの大会は優勝者がすべて違った。メジャー大会といえるグランプリファイナルと世界選手権大会では25歳の老将カロリーナ・コストナー(イタリア)が優勝した。コストナーはキム・ヨナが最盛期に競争した選手で、キム・ヨナよりは一段階下と評価されていた。昨シーズンのプログラムでもコストナーはキム・ヨナがやったほどの高難度ジャンプをやり遂げられなかった。

  傑出したスターもいなかったが点数が低調なのも目につく。キム・ヨナが2010年バンクーバー冬季五輪で達成した世界新記録はショートプログラムとフリープログラムの合計228.56点だ。ところが昨シーズンの世界選手権大会優勝者のコストナーの点数は189.94点にすぎない。その上この点数が昨シーズンのグランプリシリーズと世界選手権を合わせて最も高い点数だった。2011年10月に開かれたグランプリ第2戦で優勝したトゥクタミシェワの点数は177.38点にすぎなかった。

  キム・ヨナはまだ専門担当コーチを選任していないが、「振付け師のデービッド・ウィルソンとはずっとやるだろう」と釘を刺した。今後専従コーチを選任し、トレーニング量を増やしながらコンディションを引き上げ、本格的に国際大会に参加するものとみられる。2012-2013グランプリシリーズ招請選手名簿にキム・ヨナはないが、一部大会で電撃的にキム・ヨナを追加招請する可能性もある。

  韓国スケート連盟フィギュア競技理事のコ・ソンヒ氏は、「キム・ヨナ本人が十分に可能だと判断して復帰を宣言したものとみている」と分析した。キム・ヨナは「2014ソチ冬季五輪には期待値を低めて参加する。228.56点は破るのが難しい記録だ」としたが、「私も人であり、実際に五輪の舞台に立てば欲が出ないとは断言できない」と余韻を残した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事