日本式英語の屈辱? iPhone4Sの音声認識

日本式英語の屈辱? iPhone4Sの音声認識

2011年10月20日15時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本人の英語を聞き取れず的外れな回答をするiPhone4S(左)。韓国人が英語で天気を尋ねると、天気情報が案内される(右、写真=ユーチューブキャプチャー)。
  iPhone4Sの音声認識機能「SIRI」への関心が集中する中、この機能を体験する映像がインターネットに続々と登場している。 現在、SIRIは英語・フランス語・ドイツ語の3言語だけが支援されている。

  最近、映像サイト「ユーチューブ」に韓国人と日本人が英語でSIRIを試す映像が登場した。 韓国人が天気と時間、アラームなど英語でさまざまな質問をすると、iPhoneはほぼ100%正確に聞き取った。 ところが日本人の場合は違う。 簡単な文章を尋ねても、全く認識されなかった。 日本人特有のたどたどしい英語の発音のためだ。

  17日に登場した「iPhone4S Siri Korean」と題した映像で、韓国人が「What time is it?」(何時か)と尋ねると、すぐに時間が案内された。 「What’s the weather for today?」(天気はどうか)という質問に対してはさまざまな天気情報が案内され、「Do I need a raincoat?」(レインコートが必要か)と尋ねると、「No,I don’t think it’s raining in Seoul」(必要ない。ソウルに雨は降らない)」と返答した。 「午前2時に起こしてほしい」と話すと「OK」という返答と同時にアラームが設定され、「取り消し」というとキャンセルされた。 iPhoneは韓国人の英語の発音を正確に認識した。

  半面、日本人ネットユーザー「mrrocketnews」がユーチューブに載せた映像を見ると、ちぐはぐな対話が哀れに感じるほどだ。 日本人が「What’s the weather for today?」(今日の天気はどうか)と尋ねると、iPhoneは認識できず「You don’t」と問い返す。 もう一度たどたどしく同じ文を言うと、「Which linda?」と、さらに的外れな回答が出てくる。 「weather」を「linda」と認識したのだ。 忍耐強くまた尋ねると、「Sorry, I don’t understand‘What do today’」と答える。

  さらに対話にならない対話は続く。 日本人が今度は「What weather?」と尋ねると、iPhoneは「I’m not sure what you said there」と答える。

  結局、日本人は自暴自棄になったように「See you tomorrow」(また明日)とあいさつした。 しかしあいさつまでも聞き取れないiPhoneは「I don’t know what you mean by ‘you tomorrow’」と答えた。

  映像を載せたネットユーザーは「なぜ私の英語を認識できないか。 恥ずかしい」と書いた。 これに対しネットユーザーらは「SIRIが人種差別しているようだ」「学校に行ってまた英語を習え」など皮肉を込めたコメントをしている。

  金晋希(キム・ジンヒ)記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事