<戦犯旗根絶特別企画>戦犯旗論争は絶えることなく続いている

<戦犯旗根絶特別企画>戦犯旗論争は絶えることなく続いている

2018年08月07日14時52分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2013年東アジアカップでのサッカー韓日戦の応援の様子
  旭日旗は韓日戦にいまも引き続き登場し、論争が絶えることなく続いている。

  過去、最も大きな論争になった事件は、奇誠庸(キ・ソンヨン)の2011年カタールアジアカップ準決勝の韓日戦で起きた。奇誠庸がゴールを入れた後、日本を侮辱する「猿真似パフォーマンス」をした。ライバルではあるが度が過ぎたという指摘に、奇誠庸はツイッターを通じて「観覧席の旭日旗を見て私の心から涙が出た」とその胸の内を伝えた。旭日旗は韓日戦でなくても日本代表チームが出場する国際大会でもよく見かける。アジアクラブサッカー対抗戦であるアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグでも旭日旗が翻る。

  2013年東アジアカップは地元・韓国での開催だったにもかかわらず旭日旗問題が起きた。韓日戦で日本サポーターが大型旭日旗を登場させたのだ。1988年ソウルオリンピック(五輪)が開かれたスポーツの心臓部・蚕室(チャムシル)総合運動場で軍国主義の象徴が翻ったという点で、韓国サッカーファンからの怒りを買った。この試合で韓国サポーター「赤い悪魔」は、独立運動家の丹斎・申采浩(タンジェ・シン・チェホ)が残した言葉「歴史を忘れた民族に未来はない」を大きな横断幕に刻んで掲げた。李舜臣(イ・スンシン)や安重根(アン・ジュングン)を描いた大型肖像画も登場した。最初は大丈夫だった。日本側からの抗議を受けた大韓サッカー協会が前半戦が終わって横断幕を撤去した。日本メディアは赤い悪魔の横断幕を問題にしたが、旭日旗を指摘することはなかった。

  韓日クラブサッカーの正面対決も例外ではない。2013年、埼玉スタジアムで開かれたAFCチャンピオンズリーグ組別予選で、全北(チョンブク)現代-浦和レッズ戦で一部の浦和サポーターが旭日旗を掲げて応援を繰り広げた。これに対し、全北のベテランストライカーの李東国(イ・ドングク)は、1-1の状況で決勝ゴールを決めたあと、運動場をジョギングするようにゆっくり走る「散歩パフォーマンス」をした。このパフォーマンスは2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を控えて同じ場所で行われた韓日戦で朴智星(パク・チソン)がゴールを決めて初めて行った。当時、韓国は2-0で勝利し、日本のW杯出征式に水を差した。両チームは一週間後に再び正面対決を行ったが、李東国はこの試合を控えて「今回の対戦では旭日旗を見ることはないだろう。許容しない」と強硬に話したこともある。

  一番最近の事例は、昨年AFCチャンピオンズリーグ水原(スウォン)サムスン-川崎フロンターレ戦だ。この試合で川崎サポーターは水原ワールドカップ競技場に旭日旗を掲げた。試合後、AFCは「川崎サポーターの行動は、相手チームに侮辱感を与えるか政治的と認識されやすいスローガンを禁じた規定を破った。これを統制できなかったチームの責任を問うた」としながら川崎に罰金1万5000ドル(現レートで約168万円)の支払いを命じた。

  韓日戦でなくても旭日旗は時々登場する。先月終わった2018W杯ロシア大会H組組別予選の日本-セネガル戦では、一部の日本サポーターが大型の旭日旗を揺らしている様子が画面を通じて世界に中継された。日本が1-2とセネガルを追っていた後半33分、本田圭佑が同点ゴールを入れて相手コーナー付近でパフォーマンスをした。その後の観覧席では旭日旗が揺れた。

  イングランドプレミアリーグ、リバプールのMFナビ・ケイタ(ギニア)は、先月戦犯旗模様のタトゥを左腕に入れていた事実が明るみになって物議をかもした。韓国のファンは戦犯旗のタトゥを入れたケイタにSNSを通じて戦犯旗の不適切さについて知らせた。問題を認識したリバプールは「論争をなくすことができるように悩んだ末、タトゥを違うものにすることにした」と13日に明らかにし、ケイタは発表4日後に違うタトゥを入れた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事