新任駐日韓国大使「韓日通貨スワップは相互利益」

新任駐日韓国大使「韓日通貨スワップは相互利益」

2016年07月04日10時36分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴槿恵(パク・クネ)大統領が1日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた「駐日本大使信任状授与式」で李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日本大使に信任状を授けている。(写真=青瓦台写真記者団)
  李俊揆(イ・ジュンギュ)新任駐日韓国大使が日本のメディアに「韓日間の通貨スワップを再開するほうが良い」という趣旨の見解を明らかにした。

  李大使は2日、日本経済新聞に掲載されたインタビューで「危機はいつ誰に訪れるかわからず、通貨スワップは危機対応として互いに役立つ」と明らかにした。李大使はまた、韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)参加にも意欲を示したと日経は伝えた。

  韓日は2001年7月20億ドルで通貨スワップを始めて2011年700億ドルまで規模を拡大した。しかし2012年に両国関係が悪化しながら通貨スワップは130億ドルに縮小された後、昨年2月に終了した。李大使は8日、東京に赴任する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事