<女子バレー>韓国、世界選手権で初の予選敗退…東京五輪に赤信号

<女子バレー>韓国、世界選手権で初の予選敗退…東京五輪に赤信号

2018年10月05日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「バレーボール女帝」金軟景(キム・ヨンギョン、30、トルコ・エジザージュバシュ)でもどうすることもできなかった。韓国女子バレーボールが初めて世界選手権で予選落ちした。

  女子バレーボール世界10位の韓国は4日、神戸で行われた2018世界女子バレーボール選手権グループリーグC組第5戦でトリニダードトバゴ(34位)にセットスコア3-0で勝利した。しかし1勝4敗で組5位に終わった韓国は4位まで与えられる第2ラウンド(16強)行きチケットを獲得できなかった。韓国は第1戦でタイ(16位)に2-3で敗れ、「格下」のアゼルバイジャン(24位)にも1-3で黒星を喫した。世界2位の米国、5位のロシアにも敗れて4連敗した。世界選手権参加国が24カ国に増えた1974年以降、韓国が本大会の第1ラウンドで敗退したのは初めて。

  4年ごとに開催される世界選手権は2020東京オリンピック(五輪)のメダルを目標とする韓国女子バレーボールには非常に重要な大会だ。最も多くのランキングポイントがかかる大会であり、五輪世界予選の組編成は世界ランキングに基づいて進行される。韓国は予選敗退のため現在の順位を維持するのが難しい。メダルどころか、五輪出場権さえもどうなるか分からない状況だ。

  予想された惨事だった。代表メンバー14人が発表されると、バレーボール界の内部からも批判が出てきた。世界選手権はサッカーに例えるとワールドカップ(W杯)に匹敵するが、パク・ウンジン(19、ソンミョン女子高3年)、イ・ジュア(18、ウォンゴク高3年)、チョン・ホヨン(17、ソンミョン女子高2年)の高校生3人を抜てきしたからだ。チャ・ヘウォン代表監督は今年最初の国際大会ネーションズリーグから高校生選手にこだわった。チャ監督は「金軟景は東京五輪が事実上最後となる。その後の世代交代を考えた選抜であり、若い選手の可能性を見つけたい」と理由を説明した。

  問題は3人を抜てきしながらも試合ではほとんど起用しなかった点だ。主力ミドルブロッカーのヤン・ヒョジン(現代建設)が足首を負傷してパク・ウンジンが投入されただけで、残りの2人の選手はウォーミングアップだけをして終わった。ベテランの主力選手は世界強豪チームとの連戦で疲労し、エントリーだけを浪費したのだ。また、キム・ヘラン(興国生命)、ナ・ヒョンジョン(GSカルテックス)、オ・ジヨン(KGC人参公社)と3人のリベロを選んだのも無理があった。ウイングスパイカーは3人しか選ばなかったため、イ・ソヨン(GSカルテックス)が大会中に負傷すると、金軟景とイ・ジェヨン(興国生命)の体力の負担が大きくなった。

  日程管理も落第点だった。韓国女子代表は5月からネーションズリーグ、アジア競技大会、AVCカップ、世界選手権まで4つの国際大会に参加した。金軟景など主力選手はAVCカップを除いた3大会で30試合近く消化した。5カ月間のVリーグ正規シーズン(30試合)分をプレーしたのだ。キム・ヒジンはネーションズリーグの全試合を消化した後、けがで世界選手権に出場できなかった。代表級メンバーを幅広く活用したタイや日本などのライバル国とは対照的だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事