【社説】韓流の新天地を切り開いた防弾少年団の快挙

【社説】韓流の新天地を切り開いた防弾少年団の快挙

2018年05月29日14時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アイドルグループ防弾少年団(BTS)が韓国大衆音楽の歴史を書き換えた。オリジナル3rdアルバムが韓国歌手として初めて、世界音楽市場の主流舞台である米国ビルボードのアルバムチャートで1位に君臨した。ビルボードで英語ではない外国語のアルバムが1位になったのは12年ぶりだ。また、ビルボードが欧州・アジア・アフリカ・南米・中東など米国本土以外で始まった音楽を総称する「ワールドミュージック」ジャンルでアルバムチャート1位にランクインしたのも防弾少年団が初めてだ。

  今回の成果は、これまでインターネットを接点にした西欧10~20代の辺境ジャンルだったK-POPが米国主流ティーン・ポップ(teen pop)市場を突破したということに意味がある。これまでビルボードで最高の成績だった2012年歌手PSY(サイ)の『江南(カンナム)スタイル』(シングルチャート2位)が一発の旋風に終わったのとは違い、防弾少年団は米国ミレニアム世代の熱烈な支持を受けてグローバルファンダムを構築した。防弾少年団は最近「2018ビルボード・ミュージック・アワード(Billboard Music Awards、BBMA)」でも2年連続「トップ・ソーシャル・アーティスト」賞を受賞した。

  大型企画事務所ではなく中小企画事務所出身の防弾少年団は、韓国のテレビ芸能活動ではなく、ソーシャルメディアで全世界のファンと疎通することに注力した。歌とパフォーマンス、スタイルの3拍子がそろっているK-POPの強みに、ソーシャルメディアというメディアトレンドをつなぎ合わせたのだ。海外市場を人為的に狙うよりも、10代の悩みと成長を綴った歌詞を書き、自ら曲を作って全世界のティーンの代弁者を自認した。ファンとスターが疎通し、一緒に成長していく韓国式ファン文化がSNSに乗って海外に広がっていった。

  「防弾少年団は青年世代の存在条件を代弁するグローバルアイコンになっている。世界中のArmy(防弾少年団のファンクラブ)が韓国ファンダムのように動く。次元の異なる真の韓流が始まった」。韓流専門家のホン・ソクギョン・ソウル大教授の分析だ。デビュー初期、「土の箸とスプーンを持ったアイドル」と呼ばれ、誰も見向きもしなかったアンダードッグの反乱と成就に惜しみない拍手を送りたい。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事