「現代車・トヨタ・ベンツ、工程標準システム化すれば生産性が同時に上昇」

「現代車・トヨタ・ベンツ、工程標準システム化すれば生産性が同時に上昇」

2017年11月24日14時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
クリスティアン・ヘイア独人工知能研究所(DFKI)対外協力総括代表
  「スマートファクトリーとは巨大な生産プラットホームだ。全世界のすべての工場が同じシステムで製品を作るようにする」。

  ドイツ人工知能研究所(DFKI)のクリスティアン・ヘイア対外協力総括代表がスマートファクトリーの目標をこのように提示した。現代車・トヨタ・ベンツなど企業は違うが、生産コストを抑えて効率性を高めるための最適化した生産システムは一つということだ。すべての工場にこれを適用すれば全世界の生産性を高めることができる、というのがヘイア代表の言葉だ。

  DFKIはドイツ政府が大株主として参加した非営利研究機関で、ドイツのスマートファクトリー研究の本山だ。インダストリー4.0戦略を初めて提示したデトレフ・チュールケ氏が所長を務める。グーグル、マイクロソフト、BMWなどグローバル企業も株主として参加している。ヘイア代表は、産業通商資源部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が共同開催した「外国人投資週間」を迎えて最近訪韓し、中央日報の単独インタビューに応じた。

  ヘイア代表は電気・電子コネクター製造企業の独ハーティングを代表的な例に挙げた。ハーティングがDFKIと共同開発した生産効率化システムを同一業種のパートナー5、6社が各社の事情に合わせて変形して使用しているという。

  ヘイア代表は「DFKIはスマートファクトリーの開放プラットホームとしていくつかの利害関係を持つ企業が参加し、お互いの要求と知識を共有して工程の標準を作っている」と説明した。

  サムスン電子・現代重工業など韓国企業のスマートファクトリー導入については「市場の要求に合わせて柔軟な生産体制を整える点は避けられない」とし「DFKIの研究プラットホームが開かれているので韓国企業の参加を望む」と述べた。人工知能(AI)などソフトウェアの発展にハードウェアの技術が追いついていないという指摘には「ソフトウェアで十分に克服することができる」と答えた。

  最近現場ではグーグルグラスなどウェアラブル機器のバッテリーが不足し、作業者が長時間の勤務ができないという問題が提起されてきた。これに対しヘイア代表は「ソフトウェアを活用してハードウェアの限界を克服するのもスマートファクトリーの課題」とし「省エネソリューションを開発したり医療用マイクロカメラを活用する形で対応することができる」と答えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事