旭日旗デザインの日本サッカー代表ユニホーム…FIFAが公式販売

旭日旗デザインの日本サッカー代表ユニホーム…FIFAが公式販売

2014年03月12日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サッカー日本代表のユニホーム
  旭日旗のデザインが入ったサッカー日本代表ユニホームが国際サッカー連盟(FIFA)公式インターネットショッピングモールで販売されている。

  FIFA公式インターネットショッピングモール(store.fifa.com)は11日現在、2014ブラジルワールドカップ(W杯)本大会出場32カ国のユニホームを販売している。昨年11月に公開されて物議をかもした日本代表のユニホームも89.99ドル(約9万6000ウォン)の代金を決済すれば世界のどこでも購入できる。

  日本代表のユニホームは、左胸を中心に11本の光線が描かれている。赤ではないが模様が旭日旗と似ている。旭日旗は第2次世界大戦当時、日本帝国主義の軍旗として使われた。このため、強い政治的な意味を持つ旭日旗デザインのユニホームは「競技場で政治的な意思表現を禁止する」というFIFA規定に背くという意見が出ている。ロンドンオリンピック(五輪)当時に独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンスをした朴種佑(パク・ジョンウ)は、この規定のためにAマッチ2試合出場停止という懲戒を受けた。

  FIFA公式インターネットショッピングモールは日本代表ユニホームを「昇る太陽から放たれた光線を形象化したデザイン」(A rising sun ray textured designs)と説明した。旭日旗と同じ脈絡のデザインであることを自ら認めたのだ。また「日本代表はブラジルW杯でこのユニホームを着用する」と付け加えた。昨年物議をかもした当時、アディダス側は「胸の模様は11人の選手が力強く飛び出すイメージ」と説明していた。日本は昨年11月17日のオランダとの親善試合からこのユニホームを着用している。

  国際社会でナチの象徴のハーケンクロイツは徹底的にダブー視されている。旭日旗についてはハーケンクロイツほど内容が知られておらず、特に制裁はない。大韓サッカー協会は政治的論争に巻き込まれるのを警戒し、反応を自制している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事