<サッカー>“人民ルーニー”鄭大世、韓国国籍でCL出場

<サッカー>“人民ルーニー”鄭大世、韓国国籍でCL出場

2013年02月01日11時22分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
鄭大世(チョン・テセ)
  プロサッカー水原サムスンに入団した“人民ルーニー”鄭大世(チョン・テセ)が、アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(CL)に韓国国籍で出場できることになった。

  水原の関係者は1日、日刊スポーツ(IS)との電話で、「最近AFCが鄭大世に対し、事実上、北朝鮮と韓国の二重国籍選手と見なすことができるという有権解釈をした。鄭大世は北朝鮮代表でプレーするが、AFCチャンピオンズリーグには韓国国籍選手として出場する。近くAFCが公文書を通じて、これを正式通知すると聞いている」と述べた。

  鄭大世は韓国国籍の父と解放前に朝鮮国籍を保有していた母の間で生まれた在日同胞3世で、出生当時、父の戸籍に基づいて韓国国籍となった。しかし住民登録をせず、実質的には朝鮮国籍者と同じ待遇を受けて暮らしてきた。

  韓国国籍保有者の鄭大世が川崎フロンターレ(日本)所属だった07年に北朝鮮代表メンバーに抜てきされたのも、国際サッカー連盟(FIFA)が国籍問題の特殊性を考慮し、事実上の二重国籍者に分類したため可能だった。

  鄭大世が水原に入団した直後、「北朝鮮代表メンバーでプレーする鄭大世は、Kリーグクラシックの舞台で韓国選手か、外国人選手か」という疑問が提起され、水原は大韓サッカー協会を通じてAFCに有権解釈を要求する質問書を送った。これに対しAFCは最近、「韓国選手とも北朝鮮選手とも見なせる」という趣旨の判断結果を口頭でサッカー協会に通知した。

  鄭大世が韓国国籍者と認められたことで、水原は今季アジアチャンピオンズリーグ舞台で1枚だけ与えられるアジアンクオータの制約を受けず、鄭大世とオーストラリア出身DFエディ・ボスナーを同時に活用できることになった。

  これに関し水原の関係者は「分断状況という特殊性のため、鄭大世の問題が注目されたが、二重国籍制度が活性化されたサッカー界ではそれほど特殊なケースではない」とし「リオネル ・メッシもアルゼンチン国家代表だが、スペイン国籍を取得し、欧州チャンピオンズリーグではスペイン選手に分類される。旧ソ連が崩壊した直後、一部の国がアジアに編入され、該当国の選手が欧州とアジアの二重国籍を認められた例もある」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事