【社説】核リストの提出なしで北朝鮮非核化の真正性をどう確認するのか

【社説】核リストの提出なしで北朝鮮非核化の真正性をどう確認するのか

2018年10月05日11時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が「米国は北朝鮮に核兵器保有リストの提出の要求を保留(hold off)しなければならない」と述べた。米ワシントン・ポスト(WP)とのインタビューでの発言だ。「2008年2・13合意が水泡に帰したように、検証を要する核リストの要求は、交渉を座礁させる危険がある」というのが康長官の説明だ。核申告を保留し、「終戦宣言-寧辺(ヨンビョン)核施設廃棄」の案を先に行おうとの提案だ。きわめて懸念すべき発言だ。

  北朝鮮の核兵器と核施設・生産物質に対するリストの提出、すなわち「申告」は北朝鮮の核能力を把握する非核化の核心的な最初段階の処置だ。北朝鮮の真正性もここで判断できる。これが行われた後、完全な非核化に向けたタイムテーブルが考えられれる。我々が前回の北朝鮮の「条件付き寧辺核施設廃棄」等を盛り込んだ平壌(ピョンヤン)宣言に対して、一歩進んだ合意だと評価しながらも、北朝鮮の核申告と検証ロードマップが含まれておらず、惜しいという点をあえて指摘したのも、このような理由からだ。それ以後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米トランプ大統領と面会し、「それ以上の」の内容を言及できるとの期待もあったたが、状況はかえって後ずさりしている雰囲気だ。終戦宣言と制裁緩和を通じて、北朝鮮の外交・経済的位置づけが強化された状態で、後回しになった核申告と検証問題を扱おうとしても成功するとの保障がない。かえって交渉を進める動力がなくなり、北朝鮮の声だけ大きくなる。「核保有+無制裁」の北朝鮮と韓国が同居する状況に直面する可能性もあるとの話だ。

  時間を戻し、1月の鄭義溶(チョン・ウィヨン)特使の北朝鮮訪問以後、6月のシンガポール米朝首脳会談を控えた時に戻ってみよう。政府関係者は「金正恩(キム・ジョンウン)は違う。核放棄の意志が明確だ」とした。金正恩式「フロント ローディング(front-loading)」可能性の話もあった。金委員長が核申告をもとに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と核弾頭の一部を搬出する核心的非核化初期措置で米国とビッグディールをするとの話だった。

  ところで、今は外交長官が「核申告を後回しにして、北朝鮮が安心して非核化に乗り出されるよう、(米国が)相応措置をしなければならない」と話している。「南と北は韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化を推進していく過程で、一緒に緊密に協力していくことにした」とした平壌宣言(5条3項)が、北朝鮮の論理で米国を説得するとの意味だったのか聞きたい。北朝鮮は最近、終戦宣言と核申告の対等交換の提案さえ「ありえない」として完全に態度を変えている。

  7日、北朝鮮を訪問する米マイク・ポンペオ長官は「2021年内の非核化の達成は、私がした話ではなく、南北の首脳が合意した内容を再確認したもの」だと述べた。一歩間違えば、北朝鮮のICBMなど、米国の直接的脅威要素だけ先に解決し、完全な非核化は長期課題として残そうとするのではないか疑問に抱くようになる。このような状況で、康長官は「私たちは当事者の誰よりも北朝鮮をよく知っている」として「北朝鮮へのアプローチ方法について浅はかだというのは、我々政府を特徴づけれる表現ではない」とした。それを立証するには、北朝鮮に向かって「金正恩式フロントローディング」に乗り出すことを先に注文しなければならない。トランプ大統領任期内の非核化の「時間ゲーム」を北朝鮮が主導するよう要求する必要がある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事