<フィギュア>「韓国フィギュアの王子」車俊煥、GP2大会連続で銅メダル

<フィギュア>「韓国フィギュアの王子」車俊煥、GP2大会連続で銅メダル

2018年11月05日16時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018-19シーズンのGPシリーズ第2戦で銅メダルを獲得した車俊煥。(写真提供=BRAVO&NEW)
  「フィギュアの王子」車俊煥〔チャ・ジュンファン、17、徽文(フィムン)高校〕が2018~19国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアシニアグランプリ(GP)2大会連続で銅メダルを獲得した。

  車俊煥は4日(韓国時間)、フィンランド・ヘルシンキで開かれたISUシニアグランプリ第3戦フリースケーティングで160.37点をマークした。ショートプログラムで82.82点を加えて総点243.19点となり羽生結弦(日本、297.12点)とミハル・ブレジナ(チェコ、257.98点)に続き、3位にのぼった。

  先月、GP第2戦で韓国の男子選手では史上初めて銅メダルを手にした車俊煥は、第3戦まで銅メダルを獲得した。韓国選手がシニアグランプリシリーズ2大会連続でメダルに輝いたのは2009年11月キム・ヨナが2大会連続で優勝して以来9年ぶりだ。韓国の男子選手では史上初めてだ。

  車俊煥はバックミュージックである『ロミオとジュリエット』に合わせて初めてのジャンプ課題である4回転(クアドラプル)トゥループジャンプ(基本点9.50点)を完ぺきに演じ、出来栄え点(GOE)1.49点を獲得した。しかし、直ちに続いたクアドロプルサルコウ(基本点7.28点)で転倒してGOEを3.64点も失った。

  それでも車俊煥は揺れずに落ち着いて演技を続けた。トリプルルッツ-トリプルループのコンビネーション・ジャンプ(基本点10.80点)に成功してGOE1.43点を追加した。トリプルアクセル-ダブルトゥループのコンビネーション・ジャンプ(基本点6.98点)は着地がよかったが、2つのジャンプ全部回転数不足判定を受けてGOE1.71点を失った。

  単独トリプルアクセル(基本点8.80点)に続き、トリプルフリップ-シングルオイラー-トリプルサルコウのコンビネーション・ジャンプ(基本点9.93点)、トリプルループ(基本点5.39点)などはきれいに演じた。メダル競争者だったミハイル・コリャダ(ロシア、238.19点)と中国のボーヤン・ジン(227.28点)のジャンプ乱調が激しく、車俊煥にメダルが戻った。

  車俊煥は「今回の大会の競技はあまり気に入らなかったが、最後まで最善を尽くした。次はもっと上手くやりたい」とし「今シーズンに連続で4大会に参加した。カナダ・トロントに戻って訓練を続け、より良いコンディションを作りたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事