麗水市長「少女像設置で唐津市との35年間の交流が揺らがないことを願う」

麗水市長「少女像設置で唐津市との35年間の交流が揺らがないことを願う」

2017年11月24日13時11分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  佐賀県唐津市が、姉妹都市関係にある全羅南道麗水市(チョルラナムド・ヨスシ)に対して「平和の少女像」の設置に懸念を示したことに関して、麗水市側は「少女像の設置と国際姉妹都市間の交流は別問題」と23日、明らかにした。

  麗水市の朱哲鉉(チュ・チョルヒョン)市長は「市民と学生が誤った歴史を正そうと設置した『平和の少女像』で唐津市と麗水市の35年間の交流協力が揺らがないことを願う」とし「平和の少女像設置と慰安婦合意問題は国際姉妹都市間の交流協力とその出発地点が違う」と明らかにした。

  朱市長は「慰安婦問題は歴史の教訓として記憶されなければならず、このため麗水市民の自発的な努力に対して唐津市が言及することは両都市の国際交流の発展に何の役にも立たないと考える」とし「純粋かつ自発的な市民意識と歴史精神から出発した平和の少女像設置を尊重してもらえるよう願う」と付け加えた。

  唐津市は最近、峰達郎市長名義で麗水市長に宛てた書簡で「少女像の設置は(唐津市と麗水市の)友好交流に影を落としかねない」と明らかにしていた。

  麗水市中央洞(チュンアンドン)にある李舜臣(イ・スンシン)広場には、ことし3月1日に市民の寄付によって平和の少女像が設置された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事