韓国最高裁長官「糊塗された世論から裁判の独立を」

韓国最高裁長官「糊塗された世論から裁判の独立を」

2015年01月03日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  梁承泰(ヤン・スンテ)最高裁判所長官は2日、「今日、政治的な圧制が消えた多くの民主国家で、糊塗された世論からの独立こそが裁判の独立のうち最も重要な課題」と述べた。

  このような発言は、最近、主な事件の判決が出るたびにソーシャルネットワークサービス(SNS)などで激しい非難世論が起きる現象を指摘したものと分析される。

  梁長官はこの日の仕事始め式で、「自分に有利な結果を得るために世論を誤って導くなど、不当に裁判所に影響を及ぼそうとする試みが増えていて、自分の考えと違う裁判は無条件に非難し、自分が信じたい事実と情報だけを選択した“利己的真実”を前面に出しながら裁判を歪曲する事例も少なくない」と提示した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事