「日本、弾道・対艦ミサイルを同時に迎撃できるようイージス艦を改修」

「日本、弾道・対艦ミサイルを同時に迎撃できるようイージス艦を改修」

2015年06月15日11時33分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本防衛省が海上自衛隊イージス艦のミサイル監視・迎撃能力の引き上げを推進していると日本経済新聞が14日、報じた。

  報道によると、日本防衛省は海上自衛隊イージス艦6隻のうち、改修作業をしている2隻と新たに建造する2隻など計4隻に弾道ミサイルと対艦ミサイルを同時に監視・迎撃できる機能を追加する計画だ。

  現在、弾道ミサイルの警戒業務にあたっているイージス艦は戦闘機や対艦ミサイルによる攻撃を防ぎにくく、イージス艦を守る護衛艦を近くに別に置く必要があると同紙は説明した。

  同紙は、日本はまた、弾道ミサイルに対するレーダー探知範囲を拡大し、イージス艦2隻で日本全域を警戒するなど、イージス艦の探知能力の強化を推進すると伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事