韓国の生産者物価、4年2カ月ぶりに最低

韓国の生産者物価、4年2カ月ぶりに最低

2015年02月18日13時12分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の生産者物価が4年2カ月ぶりに最低水準に落ちた。

  韓国銀行(韓銀)は先月の生産者物価指数(2010年100基準)が101.86で1カ月前より1.2%下落したと17日、発表した。生産者物価指数は昨年8月から6カ月連続の下落で、2010年11月(101.78)以来最も低い水準を記録した。前年同月と比較すると3.6%落ちた。

  韓銀は昨年10月から下落している国際原油価格が生産者物価の下落に大きく影響を及ぼしたと分析した。ドバイ原油の場合、昨年11月に前月比11.2%下落したことに続き、12月と今年1月にはそれぞれ21.9%、24.0%落ちた。製品群別では、石炭および石油製品、化学製品などを含む工業製品指数が前月比1.9%下落した。電力、ガスおよび水道(-2.4%)や農林水産品(-1.3%)も落ちた。品目別では、ガソリン価格が前月に比べ22.3%落ち、軽油(-18.4%)、ナフサ(-20.2%)等が大きく下がった。生産者物価が1~2カ月後に消費者物価に反映されるという点を勘案すれば、当分の間は低物価基調を抜け出すことはできないものと予想される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事