フィッチ、日本国債信用格付け見通しを「ネガティブ」に

フィッチ、日本国債信用格付け見通しを「ネガティブ」に

2014年12月10日10時52分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国際格付け機関のフィッチが日本国債の信用格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げる方向で見直すと明らかにした。

  10日、NHKによると、フィッチが消費税率の10%への引き上げを先送りすることで、政府が財政健全化の目標を達成するのが困難になっていると指摘し、日本国債の信用格付けの今後の見通しを「ネガティブ」に引き下げる方向で見直すと報じた。フィッチの格付け体系上、日本国債の格付けは現在、上から5番目の「A+」だ。

  フィッチは今後、日本の財政や経済を分析し、来年前半に格付けを見直すかどうか結論を出す予定だとNHKは伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事