第2四半期も「サムスンギャラクシー」…7年連続でブランド価値1位

第2四半期も「サムスンギャラクシー」…7年連続でブランド価値1位

2017年07月03日13時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子の携帯電話ブランドである「サムスンギャラクシー」が7年連続でブランド価値1位の座を守った。ブランド価値評価会社であるブランドストックが2017年第2四半期の「大韓民国100大ブランド」を調査して2日に発表した結果だ。サムスンギャラクシーはブランド価値評価指数BSTI(Brand Stock Top Index)940.8点を得て2011年以来1位を続けている。

  目立つのは韓国内マンションブランド価値の変化だ。不動産市場がしばらくの間過熱し、マンションブランド価値が急上昇した。サムスン物産建設部門のマンションブランドである「レミアン」が第1四半期より26ランク上昇して33位に上った。現代建設「ヒールステート」も13ランク上昇して77位を占めた。大林(テリム)産業の「eピョナンセサン」は98位となり、100台ブランドリストに入った。

  ブランドストック側は「新政府に対する期待感に支えられ、不動産景気が活況となりブランド価値が上がったが、投機需要を抑制するための政府規制が予告されており、今後のブランド価値の変動推移は見守る必要がある」と話した。

  サムスンギャラクシーはギャラクシーノート7の生産中止などの危機があったが、この四半期に2位であるイーマートと30点以上の差をつけられ、1位をの座を強固にした。2位はイーマート、3位ネイバー、4位はKB国民銀行となった。引き続き、仁川(インチョン)空港とカカオトーク、新韓カード、辛ラーメン、ロッテワールドアドベンチャー、グーグルなどが10位入りを果たした。グーグルは前四半期より5ランク上昇した。

  自動車の中では2015年下半期にプレミアムブランドに転換した「ジェネシス」が前四半期より3ランク上昇した24位に上り、国産車のうち1位を占めた。現代車「グレンジャー」は第1四半期に87位に下落したが、今回は49位に上昇した。「ソナタ」も94位に、100位入りをした。双龍(サンヨン)車の小型スポーツ用多目的車(SUV)ティボリと韓国GMの中型車「マリブ」も前四半期より小幅上昇した87位と90位を占めた。

  今回に100位入りを果たしたブランドは、ソナタとeピョナンセサンをはじめ、シンガポール航空(66位)、Tマップ(89位)、T.G.I.プライデイス(93位)、AXAダイレクト(96位)、ハンセム(100位)などだった。100大ブランドはBSTI点数で選定する。BSTIは計230部門の代表的なブランド1000個を対象にブランドストック証券取引所の模擬株式の取り引きを通じて形成されたブランド株価指数(70%)と定期消費者調査指数(30%)を結合したブランド価値の評価モデルだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事