【コラム】今年韓国が渡らなくてはならない4つの険しい橋(1)

【コラム】今年韓国が渡らなくてはならない4つの険しい橋(1)

2017年01月18日10時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  荒波が予告されている中で1年が重く始まった。深い思念の中でふと19年前のきょうの一場面が思い浮かぶ。1998年1月18日、韓国政府の対外債務交渉チームはニューヨークのウォール街で世界債権銀行団代表13人の冷笑的な眼差しと向き合っていた。その日も交渉は停滞状態にあったが債権銀行は時々刻々韓国の不渡りリスクを計算し時間を稼いでいた。

  本国には2人の大統領がいた。金泳三(キム・ヨンサム)大統領は前年97年7月2日のタイ危機勃発時から強力な危機対応措置をできなかったことをひどく後悔し、大統領に当選した金大中(キム・デジュン)氏は選挙にようやく勝った後で勝者の呪いに陥らないだろうかと恐れ連日国際社会にラブコールを投げかけていた。近くインドネシアのデフォルト宣言が予想される中で新興国の金融市場は揺れ動き、韓国は毎日G7諸国の財務省との深夜の電話交渉でデフォルト危機を克服していた。

  この朝に19年前のきょうを回想する理由は、当時の状況が今後展開されかねない韓国の仮想状況とつながっているかも知れないという一抹の恐れのためだ。現在の韓国の国政状況は基層が非常に不安定な天気で豪雨が降り、ぬかるんだ沼地を壊れた羅針盤を持って通過するようだ。いま大統領に対する弾劾審判が進行している中で20年ぶりに経済危機と大統領選挙に出会い絡まって危機状況は悪化の一途にある。この渦中に冷戦終息後最も厳しく重い外交安保環境が作られ韓国を四方から圧迫している。こうした混沌の中でもろうそくの明かりに頼って執権しようとする政治勢力はろうそくの明かりが消えないか恐れ、考える葦はろうそくの明かりの意味が色あせ変質しないか恐れる。しかしろうそくの明かりがすべてを整理し責任を負いはしない。

  いまは現在進行されている国家危機を賢明に克服し、これまでの失敗と反省を集めて政治・社会システムの改革段階に局面を転換しなければならない。これが今年1年をまとめるわれわれみんなの代表アジェンダではないだろうかと考える。

  今年韓国がこうした危険地域を通過して国政を一新するには大きく見て4つの危険で揺れる橋を渡らなければならない。最初の橋は経済危機克服の橋だ。いまは名医が患部に正確に針を刺すように非常に水準の高い専門的状況診断能力と賢明な政策リーダーシップが必要な時だ。しかし現在のように経済政策信号体系が混乱に陥り危機と大統領選挙が伴う時に政治リーダーは危機よりも選挙に命をかけ陣営間の争いに没頭する。そして自身の精製されず検証されていない政策を実験してみて票を求める。いまその無謀さと政策冒険心をとても懸念する時だ。

  したがっていまから危機管理体系が政治過剰の渦に巻き込まれないよう徹底した政経分離原則が守られなければならない。この原則の下に最高専門家らで構成された非常経済対策機関に危機管理の全権を付与し、急迫した状況展開に適時対応することができるようにする政治的合意が必要だ。

【コラム】今年韓国が渡らなくてはならない4つの険しい橋(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事