アップルが海外初の研究開発拠点を横浜に設立へ

アップルが海外初の研究開発拠点を横浜に設立へ

2014年12月10日10時50分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アップルが日本に最先端研究開発拠点を設置することにしたと日本メディアが9日に報道した。

  報道によると、アップルは新製品開発を担当する技術開発センターを横浜に設置すると発表した。日本経済新聞はアップルが海外に研究開発拠点を設置するのは今回が初めての事例になると伝えた。

  アップルは海外事業所をマーケティングや小売業に主に活用してきた。日本での事業規模はアップルの全売り上げの10%にやや足りない水準で、日本のさまざまな企業がアップルに部品を供給している。日本メディアは今回の決定に日本の技術力を取り込めるという期待が背景にあると分析し、サムスン電子が1997年に横浜に研究所を設置したことに注目した。共同通信はアップルが研究開発センターを早ければ来年春に設置し、横浜の拠点をアジア最大規模に拡大する可能性があると予想している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事