「北朝鮮紙幣入りのビラ、金総書記の誕生日に飛ばす」民間団体

「北朝鮮紙幣入りのビラ、金総書記の誕生日に飛ばす」民間団体

2009年02月03日07時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  政府当局の中止要請にもかかわらず、一部の民間団体が金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長の誕生日(2月16日)を前後に、5000北朝鮮ウォン(約115円)の紙幣を同封した宣伝ビラを北朝鮮に飛ばすという計画を明らかにした。

  韓国拉北者家族会の崔成竜(チェ・ソンヨン)代表と自由北朝鮮運動連合の朴相学(パク・サンハク)代表は2日、記者会見し「政府は北朝鮮の紙幣を入れた宣伝ビラを飛ばすのは違法だとしているが、これを受け入れられない」とした後「16日を前後し臨津閣(イムジンガク)から米民間団体ディペンス・フォーラムのスーザン・ショールティー会長とともにビラを飛ばす方針だ」と述べた。

  これらは「ビラと一緒に散布する北朝鮮の紙幣は、中国で購入した」とし、5000ウォンの北朝鮮紙幣100枚を公開した。北朝鮮の5000ウォンは、北朝鮮労働者の月給(4000~5000北朝鮮ウォン)に相当する。

  これに対し、金浩年(キム・ホニョン)統一部スポークスマンは「統一部の承認を受けずに北朝鮮の紙幣を持ち込めば、南北(韓国・北朝鮮)交流協力法の違反となり、3年以下の懲役や1000万ウォン(約64万円)以下の罰金の対象となる」と説明した。統一部はまた、情報機関の国家情報院、法務部、警察など関係機関と対応策を協議した後、3日、政府の立場を発表するとしている。ある当局者は「違法した内容が重大な場合、警察に捜査を依頼する案などが検討されるだろう」と述べた。

  ◇北、核軍縮求める=北朝鮮軍総参謀部のスポークスマンはこの日、朝鮮中央テレビを通じ韓半島の非核化について「核兵器を保有した当事者らが、同時に核軍縮を実現する道しかない」と強調した。「核兵器を保有した当事者らの核軍縮」と明言することで、核軍縮の交渉が朝米両国を中心に進められるべきだという点を明確にしたわけだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事