韓経:日本自動車、また中国へ…ホンダも武漢に新工場建設

韓経:日本自動車、また中国へ…ホンダも武漢に新工場建設

2016年10月19日11時08分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本自動車業界が世界最大の中国市場で工場の建設を進めている。

  18日の日本経済新聞によると、ホンダは中国湖北省武漢に年産24万台規模の工場を新しく建設する。早ければ今年着工し、2019年春に稼働する予定だ。中国当局の許可待ちで、承認が出れば現地合弁会社の東風ホンダが建設に入る。投資額は数百億円。ホンダは今回の工場建設で中国内の生産能力を20%ほど拡大する計画だ。

  ホンダは広州で3つの工場、武漢で2つの工場を稼働している。新工場が稼働すれば中国内の生産能力は現在の108万台から130万台以上に増える。日本の生産能力(100万台)を超え、米国に次いで2番目に大きい生産能力を中国で確保する。

  ホンダは昨年秋、中国の景気沈滞を理由に新工場建設計画を保留した。しかし昨年10月、中国政府の小型車税金減免で自動車市場が回復し、投資を再開することにした。今年1-9月の中国の新車販売台数は1936万台と、前年同期比13%増加した。日本の年間新車販売の4倍に近い。この期間、ホンダの新車販売も前年比26%増えた。小型SUVなど価格競争力がある車を出し、人気を集めた結果だ。

  トヨタも2018年の稼働を目標に年産10万台規模の工場を建設している。この工場では中国現地市場向けの小型車を生産する計画だ。日産は中国専用ブランド「ヴェヌーシア」を強化するため年内にSUVを投入することにした。マツダも6月に新型SUV「CX-4」を発売した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事