芸能人平均寿命、10歳短く最下位…宗教人1位

芸能人平均寿命、10歳短く最下位…宗教人1位

2011年04月04日11時05分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  芸能人の平均寿命が00年代に入って急激に減った。

  円光大保健福祉学部のキム・ジョンイン教授チームは4日、「芸能人は90年代の75歳から00年代は65歳と、平均寿命が短くなっている。この10年間(2001-2010年)だけを見ると、芸能人の平均寿命が主要職業群のうち最下位」と明らかにした。

  これは1963年から2010年にかけてメディアで報道された3215人の訃報記事や統計庁の死亡統計資料に基づき、国内11職業群別の平均寿命を比較分析したものだ。

  過去48年間の職業別平均寿命は宗教人が80歳で最も高かった。次いで、政治家(75歳)、教授(74歳)、企業家(73歳)、法曹人(72歳)、高位公職者(71歳)、芸能人と芸術家(各70歳)、スポーツ選手・作家・メディア関係者(各67歳)などの順となった。

  この10年間だけを見た場合、全体的に寿命は少しずつ高まっている。宗教人の平均寿命が82歳で最も高かった。教授(79歳)、政治家(79歳)、法曹人(78歳)、企業家(77歳)、高位公職者・芸術家・作家(各74歳)、メディア関係者(72歳)、スポーツ選手(69歳)もやや上昇したが、芸能人(65歳)は大きく落ちた。

  金鐘仁教授は「00年代に入って宗教人と他の職業群の寿命の差が縮小しているのは、健康に関心を持ち、禁煙と節酒に努力しているためと考えられる」とし、芸能人も積極的な健康管理が必要だと強調した。

【ホットクリック】

・「管理されていない北の放射能…大災難も」
・ソフトバンクの孫社長が100億円を寄付…日本最高額
・【社説】北朝鮮の物乞い、なぜ険しい道にばかり行くのか
・韓国、個人・企業・政府の金融負債は増加中
・【写真】ソウルモーターショーの美女たち
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事