韓米合同演習の全面中断を求めていた北朝鮮、平昌に来るだろうか

韓米合同演習の全面中断を求めていた北朝鮮、平昌に来るだろうか

2017年12月21日14時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先送りの可能性を言及した韓米合同軍事演習は「キー・リゾルブ」(KR)と「フォール・イーグル」(FE)だ。軍消息筋は「韓米軍当局が4月中旬以降に延期することで大筋合意した」とし「両国首脳の承認を待っている」と話した。

  キー・リゾルブは有事の際、米本土と海外米軍基地に到着した増員兵力と共に北朝鮮を相手にする状況をコンピュータシミュレーションで確認する指揮所訓練だ。フォール・イーグルはキー・リゾルブと共に始める野外機動訓練だ。合同参謀本部のシン・ウォンシク元次長は「合同演習の延期が訓練規模の縮小につながる可能性がある」と話した。米本土の増員兵力の相当数を占める予備軍・州防衛軍の招集日程が変わることから発生する費用問題のためだという。

  趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は20日、これに関して、「北朝鮮がミサイル試験発射など挑発をすれば、これを抑制するための韓米合同演習を(例年と同じ時期に)せざるを得ない状況になる」とし「(演習の先送りは)北朝鮮の態度にかかっている」と話した。しかし、北朝鮮はこの日午後までこれに関しては触れていない。文大統領が8日、軍指揮官との昼食の際に呼びかけた国防力強化の必要性に対して文大統領を「南朝鮮の執権者」と呼んで「寝言のように『強軍』の話を言い並べた」(労働新聞)と非難した程度の立場を出しただけだ。

  すぐには否定的な反応を見せるだろうという分析が多い。北朝鮮が韓米合同演習の「全面中断」を求めたが、韓国は「先送り」に方針を決めたからだ。西江(ソガン)大学政治外交学科のキム・ヨンス教授は「北朝鮮はずっと韓米合同軍事演習を北侵略戦争演習に規定し、演習の中断を要求してきた」とし「今回の延期提案は南北、米朝関係で『深刻な問題』を少し後回しにしたもので、北朝鮮が解釈して演習中断を再度要求する可能性が大きい」と話した。しかし、「韓国政府が北朝鮮のオリンピック(五輪)参加問題を南北関係レベルでアプローチしていることとは違い、北朝鮮は五輪を国際行事の一つとして認識している」とし「韓米演習を批判しながらも、終局は五輪に選手団を派遣する可能性が大きい」と見通した。

  中断ではないが、自身たちの主張が一部反映されただけで北朝鮮が慎重な立場を見せるだろうという見方もある。仁済(インジェ)大学統一学部のキム・ヨンチョル教授は「米国は韓国だけでなく、他の国々とも大規模な軍事演習を行っている」とし「来年2月末に予定されている韓米軍事演習が延期されれば、他の国々との日程上、しばらくの間は訓練しにくいという点を考えると、内容上には演習の中断に受け止められる可能性があるだろう」と分析した。

  立場表明の時期に関しては東国(トングク)大学北朝鮮学科のコ・ユファン教授は「一年の政策方向を明らかにする新年の辞で彼らの立場を確認できるだろう」と話した。

  韓米合同演習は92年にも一度中断されたことがある。第1次北核危機の時、北朝鮮との対話局面を作るためだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事