安藤美姫、公式引退「スケート滑ることができて幸せだった」

安藤美姫、公式引退「スケート滑ることができて幸せだった」

2014年04月04日16時57分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安藤美姫選手(27)
  日本フィギュアの安藤美姫選手(27)が3日、公式引退した。

  安藤は3日、愛知県名古屋市で開かれたアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」に出演して引退セレモニーを持った。

  安藤はこの日の引退セレモニーで自身のショートプログラム『アメージング・グレース』を披露した後、「スケーターとしては波のある選手生活を送ったが、それが安藤美姫」として「緊張したが、温かい雰囲気の中でスケートを滑ることができて幸せだった」と話した。

  この日の安藤の引退セレモニーの舞台には、2014世界選手権大会を最後に引退を宣言した鈴木明子選手(29)と去年引退した織田信成選手(27)も一緒だった。

  安藤は2011年4月の世界選手権大会優勝以降、コンペティションの舞台からずっと離れていた。復帰を狙うという便りが行き交う中でモロゾフコーチと決別した後、指導者を決められず、その上5月の本格的な復帰宣言後の7月に未婚での出産の事実を告白して日本列島に衝撃が走った。

  以後、ドイツのネーベルホルン杯で総合2位、クロアチアのゴールデンスピン・オブ・ザグレブで総合2位をおさめて実戦感覚を取り戻し、2014ソチ冬季オリンピック国家代表を選抜する日本選手権に出たが7位にとどまった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事