芸能人は整形美人が多いのか?…世界1位「整形大国」韓国

芸能人は整形美人が多いのか?…世界1位「整形大国」韓国

2013年02月01日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国家別整形施術件数(上位10位を抜粋、資料=エコノミスト)。
  韓流熱風以降、韓国人が外国人からしばしば受ける質問がある。「K-POP歌手など芸能人の中には整形美人が多いというのは事実か?」だ。瞬間、愛国心が発動して「誇張された」と答えることが多いようだ。

  しかしこれからはそれが難しいようだ。韓国が整形大国という事実が統計で確認されたからだ。英国エコノミスト誌は国際美容整形学会が各国の会員を対象に実施した調査を基に「2011年基準として人口1000人当りの整形手術が最も多かった国が韓国だった」と31日(韓国時間)報道した。

  韓国では人口1000人当り13.5件程度の整形手術がなされたことが明らかになった。ここには1人が何回も手術を受けた場合も含まれている。2位はギリシャで12.5件だった。続いてイタリア(11.6件)・米国(9.9件)・コロンビア(7.9件)・台湾(7.8件)等が上位圏にあがった。

  大韓整形外科学会理事であるキム・ウソプ中央大学主任教授は「韓国内で手術を受ける外国人が含まれていて純粋に韓国人だけ集計されたものではないようだ」として「とにかく韓国は人間関係があまりにもコンパクトで他の人の視線を意識するほかなく整形が多いことは事実」と話した。

  整形手術の総量では米国が1位であった。2011年311万件が行われた。2位はブラジル(145万件)、3位中国(105万件)、4位日本(95万件)、5位メキシコ(79万件)の順だ。韓国は65万件で7位だった。

  整形の中で最も大きい比重はシワ・シミ(アザ)除去・脱毛などいわゆる非切開手術だった。調査結果のうち半分近くが非切開だった。特にボトックス手術が調査対象国で300万件以上だった。

  切開手術の中で最も多い整形は脂肪除去であった。エコノミスト誌は「先進国だけでなく新興国でも太った人が最近急増しているためだと思われる」と解説した。切開手術2、3位は胸・鼻の整形だった。

  エコノミスト誌によれば地域別で好まれる手術が違うように現れた。非切開手術であるボトックスが最も多い国はブラジルだった。切開手術のうち韓国・中国・日本で最も多いのは鼻の整形だった。米国とブラジルでは胸の整形比重が高かった。

  一方、政府はエラなど一部の整形分野で虚偽・誇大広告が多いとみて是正措置に乗り出した。公正取引委員会は31日「エラ専門医院長、1人当りエラ手術1000回」と広告を出したソウル江南区(カンナムグ)のアイディ病院に対し警告措置を下した。現行医療法によれば「エラ専門医」という用語自体が存在しないということが公正委の説明だ。エラ手術は上あごと下あごを一緒に手術するあご矯正術の一種で、整形外科や歯科(口腔顎顔面外科)医師によって手術を行っている。

  イ・テフィ公正委ソウル事務所消費者課長は「医療広告は大韓医師協会の事前審議を受けて審議番号を記載することになっている」として「広告を見て病院を訪ねて行く前に必ず審議番号を確認すれば虚偽・誇大広告による被害を防げる」と話した。

  これに対して病院側は「患者の個人情報を外部に公開できない事情上資料を提出できない」としながら「エラ手術を執刀する院長1人当り1000回以上の洋楽手術臨床経験を持っているのは事実」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事