【解説】韓日通貨スワップ、規模が拡大した背景は

【解説】韓日通貨スワップ、規模が拡大した背景は

2011年10月20日09時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓日通貨スワップ拡大のニュースにウォン相場は1ドル=1130ウォン台まで上がった。19日のソウル外国為替市場でドルに対するウォンの相場は前日より13.70ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1131.90ウォンで取引を終えた。これは先月16日の1112.50ウォン以来の高値水準だ。

  2008年10月に韓国が米国と通貨スワップを締結すると、ウォンは1日で151ウォン上がった。当時に比べ市場の反応が大きくなかいのは、外国為替市場が比較的安定した状況のためだ。

  韓国政府が通貨スワップを推進したのは8月からだった。米国の格付け引き下げで国際金融市場が揺れている時だった。先月にワシントンで開かれた国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で、企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官は日米中など5カ国の財務相と2国間会談を行った。特に日米中との会談では異例の合意文まで作った。韓国政府当局者は、「2国間会談で金融市場安定のための幅広い共感を形成した。韓中通貨スワップ延長・拡大議論もうまく進められていると承知している」とした。他の当局者は、まだ危機局面ではないという判断で先送りしたが、韓米通貨スワップのための協議もたくさん行われた。韓米通貨スワップは最後の避難所(last resort)として残しておいた」と明らかにした。

  韓日両国が合意した700億ドルの通貨スワップ規模は現在の130億ドル水準の5倍を超える。当初市場が予想した規模より大きかった。その上世界的安全資産のドルで借りることができる300億ドル規模の通貨スワップが新しくできた。2008年の金融危機の際に韓国は米国と300億ドルの通貨スワップを締結し、その後韓日、韓中とも通貨スワップを締結した。だが、実際に通貨スワップを活用して金を借りた先は米国だけだった。当時ドル不足が激しかったが韓日、韓中通貨スワップは円や人民元をウォンと交換する契約だったためだ。企画財政部の申斉潤(シン・ジェユン)第1次官は、「両国ともに役立ち、先制的で、十分な規模でしなければならないという3つの原則により(通貨スワップを)大幅に拡大した」と話した。

  今回の通貨スワップで韓国は9月末現在の外貨準備高額3034億ドル、中国との通貨スワップ260億ドル相当を含め4000億ドル水準の外貨流動性を確保した。市場では韓日通貨スワップが長期的にウォンの上昇圧力として作用するとみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事