K-1戦車、射撃訓練中に砲身爆発…主力武器が相次ぐ事故

K-1戦車、射撃訓練中に砲身爆発…主力武器が相次ぐ事故

2010年09月06日11時50分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   先月6日の実射撃訓練で、陸軍K-1戦車の砲弾がきちんと発射されず、砲身の中で爆発する事故が発生していたことが明らかになった。

  陸軍によると、第26師団戦車大隊所属のK-1戦車が京畿道坡州市(キョンギド・パジュシ)の武建里(ムゴンリ)訓練場で標的に向けて射撃している途中、105ミリ主砲の砲身が爆発する事故が発生した。戦車の周辺に兵力が配置されていなかったため人命被害はなかった。戦車の砲弾が砲身の中で爆発する事故は異例。

  7月29日にはK-21装甲車が渡河訓練中に浸水、操縦教官が死亡する事故が発生しており、相次ぐ事故の原因に対する詳細な調査が求められている。

【ホットクリック】

・過去10年間の外交部特別採用400人全員を調査
・【社説】大韓民国外交部の恥ずかしい自画像
・台風9号、あす南海岸に上陸
・「在日同胞取締役4人、新韓持株の申社長解任に反対」
・<野球>李承燁、1軍復帰後初ヒット
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事