東方神起のユンホ、「歌手になるためソウル駅で野宿も…」

東方神起のユンホ、「歌手になるためソウル駅で野宿も…」

2012年10月23日11時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東方神起のユンホ
  東方神起のユンホが歌手になるために野宿までした過去を打ち明けた。

  ユンホは22日、KBS第2テレビの『アンニョンハセヨ』で、仕事もせずダンスにはまっている31歳の息子のため心配というクォン・ミオク氏のエピソードを聞き、自身のつらい過去を明らかにした。

  ユンホは、「私もやはり初めて歌手になると言った時に家族がとても激しく反対した。父の支援が絶たれた後、歌手の夢を抱いたまま1人でソウルに上京してきた」と話した。

  続けて、「除雪作業、焼き肉店でのアルバイトなどあらゆる仕事をし苦労した。最初はソウル駅で野宿もしたし、その次は考試院に行った」と告白した。

  また、31歳の男性のダンスを見て、「ひとつの井戸ばかり掘ったためか最近のトレンドに遅れている」とキャリア9年のアイドル歌手らしい助言をして目を引いた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事