【時視各角】北朝鮮高官による韓国企業家への暴言…「知らんぷりでは困る」

【時視各角】北朝鮮高官による韓国企業家への暴言…「知らんぷりでは困る」

2018年11月05日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  殴る姑より止める小姑が憎いというように北朝鮮の李善権(イ・ソングォン)の冷めん暴言より「共に民主党」洪容杓(ホン・ヨンピョ)院内代表の釈明が腹立たせる。彼は「朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長と財閥オーナー3~4人に直接確認したがそんなことはなかったと話した」と李善権をかばった。その場で冷めんを食べていた人は李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、崔泰源(チェ・テウォン)SK会長、具光謨(ク・グァンモ)LG会長、キム・ヨンファン現代自動車副会長、孫京植(ソン・ギョンシク)経総会長、朴容晩会長だ。洪院内代表は3~4人に電話したというから1~2人には確認できていないわけだ。洪容杓は積弊清算政権の権力者だ。そんな人が電話をかけて「李善権が本当に冷めん発言をしたのか」と尋ね「その通りだ」と答える大胆な財閥がどこにあるだろうか。万一洪容杓の電話を受けなかった財閥が李善権に侮辱された主人公ならば尋常でない勇気を出さずにはこの政権下で真実は話しにくいだろう。他の財閥も洪容杓が「そんなことはなかった」と釘を刺したので違うことは言えなくなった。

  MBCは「玉流館(オクリュグァン)での晩餐の席にいたある参席者の側近」の話として洪容杓の主張に加勢した。李善権が笑って「何かされたことがあってもっと召し上がるのですか」と話したということだ。冷めんがのどを通るのかという話を聞いていないという点で洪容杓を後押しする報道だ。だが聞く人によってはもっと大きな侮辱を感じるほどの下品な言葉だ。放送のメッセージが何かははっきりしない。そうだとしても「そんなことはなかった」と最初から握りつぶそうとする洪容杓とは違い真実の痕跡を一部残した。冷めんがのどを通るのかと非難しようと、何かやったことがあるからもっと食べるのかと愚にも付かぬ話をしようが、李善権が韓国の代表企業家を食事でからかい言葉の暴力を行使した事実は明らかになった。李善権は韓国人を攻撃した。真実は10月29日の国会国政監査時にチョン・ジンソク議員が尋ね趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官が認めて会議録に明記された「冷めんがのどを通りますか」ほどのものはない。

  韓国の世論はひとつに集まっている。李善権をそのままにしておくことはできないということだ。執権層の一部では北朝鮮に負担を与えないという一念から李善権の発言をハプニングやフェイクニュース扱いしようとするが、そうすればなおさら世論は悪化するだけだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領のメンターに当たる丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官が「韓国は世論政治をする国だが、このままでは南北対話も対北朝鮮投資も難しくなった。文大統領が厳しくなった。世論がとても悪化し南北関係がだめになった」と嘆くほどだ。徐薫(ソ・フン)国家情報院長は「黙っていることでない。明らかに取り上げるべき問題だ」と言ったというが一部執権層のそっとやり過ごそうとする小細工に屈服しないよう望む。

  李善権問題を南北関係で成り上がりいい気になっている一介の妄動家の言動とだけで片付けることはできないだろう。彼の心理の本質に「われわれは核兵器を持っているから調子に乗るな。お前たちはただ捧げればいい」という北朝鮮指導部の認識が背景にあると専門家らは分析した。

  したがって文大統領は金正恩(キム・ジョンウン)に相応な措置を取るよう要請する必要がある。年内に韓国を訪問しなければならない金正恩も李善権のために冷たくなった南側世論を無視してあわてかねない。金正恩が韓国を朝貢国程度と見下しているではないなら李善権を直ちに切らなければならない。金正恩が拒否すれば韓国政府は李善権を忌避人物に指定し一切相手にしないのが正常国家の手順だ。いくら平和が重要とはいえ韓国人を露骨に軽蔑して攻撃することまで知らないふりをしては困る。われわれに金がないのか、軍事がないのか、自尊心がないのか。

  チョン・ヨンギ/中央日報コラムニスト

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事